三吉の聖士會館日記『聖士會館を通して学んだ出来事、日々の出来事』
FC2ブログ

 聖士會館の医術、武道を学舎とし真実を追求したい。夢を持ち、自分の成長と人生の記録としてこの日記を書いて行きたい。
 『肉体は大宇宙と調和し一体となり、魂は超神霊を追い求めて』が人生の最大の目標として...

2,004年10月以降は此処から

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

知っている人は逃げている?!

 2,011年6月30日(木)
 毎日の様に福島原発がどれだけ放射能を出しているか、気にしながら生活していますが、特に気にする東電の社員や政府関係者は身内を遙か遠くに疎開させているのが事実です。
 http://matome.naver.jp/odai/2130228530573984301
 福島県のみならず、情報鎖県の宮城県は復興する為に県民が全勢力を上げて取り組んでいるようですが、そんな事を言っている場合では無いと言いたいです。昨日も気仙沼の鰹の水揚げが復興の一歩だと言ってましたが、何だか悲しく成ります。
 「自分だけ逃げる訳には行かない!」と私の父親が言いますが、逃げない事が勇気があるなんてちっとも思いません。お金の面で言えば、身体が痛んで癌にでも成ったら逃げる事よりもお金が掛かると思うのに、そして高濃度汚染地域で自由が効かない生活を制限された状態で生活する方が、よっぽど大変だろうにと思います。でも土着を愛する気持ちと言うのも解ります。
 チェルノブイリには、爆心地から可成り近い所に家畜と共に生活する人が居ると聞きます。その人達はチェルノブイリから18キロしか離れていない所で自給自足の生活、自らその人達はその生活を選んだ訳ですが、何故病気に成らないか?それは自然と同調して動植物と共に生きているからではないかと思います。此が本当だとしたら凄い事ですが、今の日本人がその様な昔ながらの必要最小限の物だけ自然から戴き、生活出来るのかと言うのは疑問です。
 逃げるのが身を守る為には最善だと思いますが、逃げられない人は、草木、動物と共に生きると言う決心と行動力、文明を捨てる様にシンプルに生き、自然と同調する事でどうにか成らないのかと思って仕舞います。
スポンサーサイト
  1. 2011/06/30(木) 09:43:35|
  2. 原発|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<現実とのギャップ | ホーム | アメリカでメルトダウン?!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sankichi.blog1.fc2.com/tb.php/2219-04b158d4
合計
無料カウンター
本日

昨日

画像掲示板メル友大阪 風俗出会い系サイト無料 出会い出会い系サイト同人 ダウンロード

お得なポイント貯まる!ECナビ


フルーツメール
無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱

三吉

  • 作者:三吉
  •  聖士會館を知ってから、気付きや気遣いについて学ぶ事が出来、考え方が少しずつ変化しています。

     自分にとって聖士會館がただ単に空手道を学ぶと言う所と言うだけではなく、大きく人生を好転させる切っ掛けを与えて貰 った所でもあります。

     夢を持ち、真実の武道、真実の医術を伝えたい!聖士會館空手道、医術をを生涯の学舎として人生の記録を残していきたいです。

    聖士會館の言葉をお借りして

     『肉体は大宇宙と調和し一体となり、魂は超神霊を追い求めて』を人生の最大の目標として大宇宙の仕組みや秩序を理解し、無限なる心の容量を増やして行きたい...

  • RSS
10 | 2018/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。