三吉の聖士會館日記『聖士會館を通して学んだ出来事、日々の出来事』
FC2ブログ

 聖士會館の医術、武道を学舎とし真実を追求したい。夢を持ち、自分の成長と人生の記録としてこの日記を書いて行きたい。
 『肉体は大宇宙と調和し一体となり、魂は超神霊を追い求めて』が人生の最大の目標として...

2,004年10月以降は此処から

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Mさんの告別式

 2,007年8月31日(金)
 朝6時半、本部集合でMさんの告別式をお身内の方と聖士會館のみんなで行う事になった。
 大雨の中、大津に向かって車を走らせたが目的地に着くと不思議に晴れ間が射した。Mさんのご兄弟が集まり、着いて早速告別式が始まった。
 光の世界に住人となったKMさんはみどりちゃんに連れられて大津まで来た。一条先生が口寄せを遣って下さり、子供の時、学生の時、本人しか知らないであろう事がぼろぼろ出てきた。確かめるとそう言えばそうだったとか証拠が出てくる。本人と直接御話しているからこそ出来る事である。本当に素晴らしい事であるし、ご家族にとっても本当に有難い事であると思う。Mさんは一条先生みどりちゃんはじめ輝きのお嬢様達としか御話が出来ずに寂しがって居たと言う。一方通行では矢張り、会話には成らない。
 素晴らしい式で最後に一条先生が神霊治療をすると歩けなかったMさんのお母さんが平気で歩いて居た。ご家族もみどりちゃん達の温かみを感じたり、存在を確認出来て本当に良かったと思う。
 その後ビデオを見たり、食事会をしたりして普通なら不謹慎ではあるが、Mさんが「祝ってくれ♪」と仰るのだから祝った。昔話や家族の思い出に華を咲かせ、何時の間にか帰りの予定時刻は過ぎて居た。
 空手道の稽古は休みで佐久間さん達が頑張って居たので顔だけ出した。
スポンサーサイト
  1. 2007/08/31(金) 23:25:08|
  2. 武道空手|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

練りの稽古

 2,007年8月30日(木)
 太郎さん、永遠の27歳のお誕生日おめでとう御座います。何時までも明るい綺麗な太郎さんで居られますようお祈りします。
 日が変わって太郎さんの誕生日を祝して乾杯した。酔い潰れて本部に宿泊したが、本当に良く寝られる。一回も起きずに爆睡だった。
 起きて間に合わずにその儘田原に直行した。今日は草刈り機で草刈りをした。現場の仕事は空手道の稽古と密接に繋がっている気がした。帯一個分下げると丁度草の根っこに刃が届く。その位置の儘練りの稽古をを繰り返した。仕事の途中で材料を持って伯彦君が浜松からトラックに乗って来た。みんなで佐久間さんの居る事務所で昼食を食べた。佐久間さん伯彦君は愛妻弁当、日高さんと僕は弁当屋の弁当、大きな違いだ!
 昨日も買った田原名物の大久保豆腐を今日も買った。体は冷えるし、御飯に掛けて食べるのが絶品♪
  1. 2007/08/30(木) 23:13:00|
  2. 武道空手|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

初出勤

 2,007年8月29日(水)
 今日から日高相談役が遣っておられる日高建設で御世話に成る事になった。新しい頁の始まり、日高相談役や佐久間さんと仕事が出来ると言う幸せとその巡り合わせに感謝したい。
 現場作業は半袖になるのは厳禁だったのを先ず始めに知った。半袖短パンしか家に無いので、何とかしなければ成らない。現場の下見や打ち合わせに付き合わせて貰った。佐久間さんはF建設の事務所内で仕事をされている事が多いようだが、色々な人が佐久間さんに仕事の相談に来る。肩書きは無いが、実はF建設を統括して居るのは佐久間さんではないかと思った。
 久し振りの水曜麒麟会、カー君や叔久さんも来て何時もメンバーが揃った。叔久さんにスケボーの乗り方を教えて貰ったが、中々出来る物ではない。館長は昔為らしたとは言え、自由自在に操ると言う事を聞いた。館長の絶対的な中心力はこんな所から既に養われて居るのではないかと思った。僕も中心力の稽古にやってみようかと思った。
  1. 2007/08/29(水) 23:04:06|
  2. 会社|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

空手道稽古

 2,007年8月28日(火)
 昼間は遅く起きて、部屋片付けから始まった。要らない物を捨てたら、ゴミ袋で4,5袋出てきた。それでも未だ片付かない。
 午後から本部に久し振りに寄らせて貰った。凄い久し振りな感じがして、合宿で太郎さんの笑顔に出会い、ホッと一息癒された。館長はお疲れで爆睡されて居た。山口社長も見えて、どんどんと人が増えて行った。本部は矢張り癒しの空間、お気楽にも昼間から麒麟を飲ませて貰った。
 夜になって稽古生と何時ものように稽古が出来ると言う幸せ♪みんなは合宿明けだが、捌き崩し極めの稽古に重点を於いて、稽古は行われた。少しでも稽古に参加していないと稽古について行けない。館長やみんなから沢山の事を教わった。
 館長が捌き崩し極めで描く螺旋は芸術作品の様に綺麗である。だからこそ、無限の力が生まれるのだと思う。今日も館長にぶん投げられ、手首に症が残ったが、この手首の痛さも嬉しい♪
  1. 2007/08/28(火) 23:28:57|
  2. 武道空手|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

オフな一日

 2,007年8月27日(月)
 小林さん佐久間さん、カー君に起こされた朝起きたら、11時半を過ぎて居て吃驚した。体は飲み過ぎに因り、ばきばき状態、浮腫まくりで直ぐに動けなかった。
 其れから、SARAに電話をして、社長とパートさんに帰国の報告に行った。安定は未だ未だであるが、館長がプログラムでサポートし、web pageの更新を行ってくれて居ると聞いて有難かった。聖士會館の人達も沢山訪れてくれるようで安心した。
 夕方、丸中食堂に顔を出そうと思って居た矢先、岩田先生に誘われて丸中食堂で食事する事にした。
 女将さんは、昨日も顔出しに来てくれたが、丸中食堂に行ったら、更にホッとした。
 みんなの御陰で日本に帰って来られた事、スリランカで戴いた輝きの光を何時も忘れずに過ごして行きたいと思う。
  1. 2007/08/27(月) 23:07:20|
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

聖士會館空手道合宿

 2,007年8月26日(日)
 飲み過ぎの朝、興奮して4時半まで寝られなかった。
 館長が山荘にいらした時には、全てを払拭する程嬉しかった。僕はみんなが居る聖士會館に戻って来る事が出来た!
 胃が下がりまくっている時のマラソン大会は過酷ではあるが、苦しいのは生きている事の証、全力で走りきった。走り終わると不思議に胃が上がって来る。
 キャンプ場に場所を移動して、昇級試験が直ぐに始まった。審査を受けたのは大久保君、ヨッシー、羽田野さんとキミちゃん。大久保君の表情を見ると遣るしかないと言う表情をして居る。去年僕もそうだったように、昇段級審査では遣るしかないと言う意識が反対にリラックスさせる。その思いに達した時は何が来ても怖くない。
 基本審査、体力審査を経て組み手審査、去年自分が受ける時よりも緊張していた。みんな全力を出し切って頑張って居たのではないかと思う。
 御父母の方が作って戴いたカレーを戴いた。スリランカではカレー三昧であったが、心の籠もった料理は本当に美味しかった。
 麒麟会では、館長からスリランカでの裏話を聞いた。常識の通じない世界、日本人とは明らかにページが違う世界である。
 演芸大会も麒麟会を遣りながら盛り上がった。日本に戻って来られて、一日でも合宿に参加出来た事、聖士會館のみんなにお会い出来た事が嬉しかった。
 帰ってから小林さんが次の日休みをとったので反省会の麒麟会が続いた。ヘロヘロ状態ではあったが、佐久間さん明男さん、大久保君とカー君と語らった。今日も麒麟会、幾ら飲んでも麒麟は美味い。
  1. 2007/08/26(日) 23:50:21|
  2. 武道空手|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

帰国

 2,007年8月25日(土)
 梶家さん、女の子のご出産おめでとう御座います。
 長いフライトの時間が続く。飛行機の中では日本の映画とスパイダーマン3を見ていた。
 結局時間通りには着かなくて一時間程遅れて仕舞い、みどりちゃん達に迷惑を掛けて仕舞った。
 成田に着いて入国管理局での審査、テキパキと次々に業務をこなす職員を見て相談役と感動した。流石日本人、矢張りこうでなくちゃ行けない。
 荷物検査も軽くパスして外に出て直ぐに煙草を吸った。豊橋に向けての切符を買って貰うが、待つ事に慣れて仕舞った二人ではあるが、少しも待ってないのに「お待たせしました。」と一声掛ける切符販売の人、礼儀作法がしっかりして居る日本人だから出来る事だとは思うが、今まで何も感じなかった事が新鮮に映り、感動した。色々な意味で時間的概念の無いずっちゃんを待つ事なんて大した事無いと思える忍耐力を身につけたのかも知れ無い。日本は最高の国である。
 直ぐに明男さんに電話したら声を弾ませてくれて居た。聖士會館のみんなが待つ豊橋に帰る事が出来ると思うと本当に嬉しかった。
 豊橋駅に着くと明男さん、日高相談役、志貴夫さんが改札まで迎えに来てくれていた。みんなの笑顔を見てホッとしたし、明男さんと握手した時には涙腺が緩んだ。みんなにも電話を掛けて貰って合宿の最中の浩さん奈津子さんの声を聞いて更にホッとした。豊橋に居る事の実感、帰って来られて超感激だった。
 合宿のある宿舎ではみんなが麒麟会を用意してくれて居た。抱擁したり、握手をしたり聖士會館のみんなと会えて嬉しさが極まった。
 麒麟会では久し振りの麒麟を全開で飲んだ。捜しても世界に此だけ人の事を思える組織はあるだろうか?聖士會館は最高の組織であると言い切れる。
 此処まで見守って戴いた一条先生みどりちゃんをはじめ輝きの光のお嬢様方、そして着くまで遠隔操作をし続けた聖士會館の皆様に心から感謝したい。有難う御座いました。
 
 
  1. 2007/08/25(土) 23:29:15|
  2. 武道空手|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

日本に向けてのフライト

 2,007年8月24日(金)
 朝起きて、ホテルの食堂で朝食を摂ったが、日本人だと思ってかメニューの内容を聞きもしないで、勝手に目玉焼きを持って来た。この国の人間の適当さに腹が立ち、朝から気分が悪くなった。此方では珈琲を飲む習慣が無く、大体紅茶なので珈琲を頼んでも黴のような臭いして失敗し続けた。相談役は諦めて紅茶を頼んだ。
 その後、龍也さんとヒランマネージャー、付き添いの日本語教師Tさんとお別れをした。ヒランマネージャーとは抱き合って別れを惜しんだ。同じスリランカ人でも胡麻擂り工場のアンマやスタッフ、ヒランマネージャーだけは違う人間だと思う。長い間御世話になったヒランマネージャーの人柄だから、別れが惜しいのだと思う。此から未だ多難かも知れ無いが彼なら乗り切る事が出来るのではないかと思った。
 ホテルのチェックアウトを遅らせてもフライトの時間までは5時間あった。相談役と空港に行って一回りもしたら、見る所も無いのでひたすら煙草を吸いながら待ち続けた。
 お土産も買う時間もなく、免税店で聖士會館の皆さんのお土産を買った。やっとボーディングの時間に成り搭乗した。モルディブのマレーを経由してのフライトだった。リゾート帰りの日本人が沢山乗って来て話す日本語を聞いたら、相談役と何だかホッとした。
 
  1. 2007/08/24(金) 23:06:39|
  2. 武道空手|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

御陰

 2,007年8月23日(木)
 遅い朝だった。相談役は此方の方式を分かってきて居り、明日になってコロンボに行くより一日余裕を見て発った方が良いからとコロンボに向けて出発することになった。
 最後にMさんが築いたバンダラウェラの胡麻擂り工場をぐるっと一周見て回った。空気も綺麗で自然が溢れるこの環境を好きだったMさんを想った。
 結局、色々な用事を済ませて居る内に夜中になった。相談役の読みは的中した。こんな事を遣っていたら最悪の場合、飛行機にも乗れない事を考えて仕舞う。
 相談役の計らいで日本食レストランに行く事になったが、途中で人を轢きそうに成り、反対車線にハンドルを切って交わした。運良く車がその時は来なかったらから良い物を帰る直前で大変な事になる所だった。奇跡的に回避出来たのも聖士會館の皆さんの御陰だと直ぐに思った。日本食レストランでは野菜焼き蕎麦を頼んだが丸中食堂の焼き蕎麦の方が美味しい。女将さんの手料理が食べたいなと思った。
 ホテルに向かってのその帰り、バスが幅寄せして来たので相談役はぶち切れて「車を被せてボコボコに遣ってまえ!」とヒートアップした。僕らもつられてヒートアップ!直ぐに相談役は冷静を取り戻したが、切れて仕舞ったら怖い事になるなと思った。
 ホテルに着いて浄霊、お断りをしベッドに入ったら疲れて爆睡だった。
  1. 2007/08/23(木) 22:49:26|
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

お別れ会

 2,007年8月22日(水)
 昨日はホテルに泊まり、今日も朝から警察とMさんの知り合いで空軍の人の助けを借りて、問題を解決の為に動いた。何時も問題があれば、ずるずる引きずられるが、今日は強い押しで時間で区切って止めて貰った。それから、銀行などの色々な手続きを済まし、バンダラウェラに向かった。
 昨日ヒランマネージャーに説教した甲斐もあって、今日は相談役に気を遣ってくれた。今日のお別れ会の為に買い出しを少しずつ行った。
 相談役が主催でアンマをはじめ使用人さん達やMさんを慕う人達を呼んでのパーティーがあった。段取りは相変わらず悪いが、楽しい会が始まり、ゲストも沢山ビールを飲んでくれ、大盛況だった。ビデオや写真を沢山撮り、相談役はみんなに気を遣って居られた。変な欲の絡む人間とは違い、Mさんを本当に慕っていた人に感謝の会であり、時間が過ぎるのが早かった。
  1. 2007/08/22(水) 12:10:47|
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

御加護

 2,007年8月21日(火)
 朝から慌ただしく準備をしてみんなで車でコロンボまで向かった。揺れる車の中でも寝ようとしていた矢先に物凄い横Gが自分の身体に掛かった。目を開けると車はスピンをはじめ横を向いて居た。あの様な場合、人間の頭は物凄く回転が良くなるから、全てがゆっくりと動く。その中で色々考える事もあったが、その儘壁に激突するかと思ったら回転して前から突進するバイクを避けて、車は反対向きに成り、道の内側に反対向きで止まった。
マネージャーのヒランさんは頭を冷やす為に出て行き、その後何が原因かを話し合った。運転がスピードを出している事もさる事ながら、心にゆとりがないとブレーキ一つにとってもタイミング少しずれる。そしてヒランさんには神様とMさんが見守っている事を伝えた。奇跡的に誰も怪我が無く、車も無事だったのは聖天仁大神様、聖光慈大神様、そして聖士会館の皆様の遠隔操作の御陰であると思った。本当に有難たかった。
コロンボに着いて問題を解決する為に右往左往するが、段々話は大きくなり、知り合いの警察官にも来て貰ったが、結局次の朝処理する事に成った。兎に角、計画性もないし、行き当たりばったり行動するからで事が全然進まない。此を何でも「カマンネ!」と言って終わって仕舞う。「カマンネ!」はシンハラ語で「別に良いよ!」と言う事である。時間だけ掛かって、詰まり泣き寝入りを強いられる。
このスリランカ人多くは他人の為では無く、全てが自分の為に動く自己中心的な人が多い。結局終わったのが23時近く、ホテルに帰り明日に備える事にした。
  1. 2007/08/21(火) 23:55:45|
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

懇親会

 2,007年8月20日(月)
 夜早く寝て仕舞ったので、相談役と2時に起きた。龍也さんとヒランマネージャーは、コロンボに行って未だ帰って来て居らず、2人で待っていた。帰ってきたのは3時過ぎで往復10時間、本当にお疲れだった。
 もう一回寝て朝から龍也さんとヒランさんは警察や裁判所を回ると言うので、付いて行った。結局、また警察で待ち合わせた人は来ず、ただ行っただけ。こういう事が多すぎる。裁判所に行っても警察と言っている事が全く違う。本当になんていい加減な国なんだと思う。今日は煙草のライターが無くなったので近くの雑貨屋で買っただけだった。
 夕方、相談役が玄米チャーハンとじゃがいもと若布の味噌汁を作ってくれた。相談役は拘りの人、一つ一つがきめ細かい。味はぴか一だった。その後アンマも交えて懇親会。相談役の英語も冴え渡り、楽しい宴が続いた。アンマ曰く、性格や顔は違う物のMさんと相談役は似ていると言う。相談役の気遣いは外国に来ても変わらない。
  1. 2007/08/20(月) 23:28:52|
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

日本食

 2,007年8月19日(日)
 浩さん お誕生日御目出度う御座います。
 朝から問題を解決する為に龍也さんとヒランさんは車で警察や町まで出掛けた。僕と相談役はインターネットも出来ず、動けないので遣る事も無く昼寝したり、パソコンをメンテナンスしたりしていた。何もしていないのに使用人さんが居るので、飯を作って置いてある。毎日の様にカレー三昧で細長い粒のご飯にカレーが何種類か置いてある。それも香辛料がきつくて辛いので、相談役は殆ど口にせずに、Mさんが残した玄米を炊いたり、持ってきたインスタントラーメンを作ってくれて御馳走になった。此方に来て僕は慣れては来たが、実は最初の日で日本食が食べたくなった。日本では見向きもしないが、日本食と言うだけで、貴重で美味しく感じた。
 今日は午後から珍しく雨が降った。夕方には上がるが、水不足もあるらしいので、恵みの雨かも知れない。日本の聖士会館のみんなは元気学園が最終日。きっと暑い中を頑張って居られるのを想像する。お疲れ様です。
 夕方ジョギングをして基本稽古をして、テレビを付けるとインドのミュージカル見たいのが遣っていたが面白くない。「こんな日もあるさ。」と言って相談役と煙草ふかし続けた一日だった。
  1. 2007/08/19(日) 23:57:16|
  2. 武道空手|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

Mさんのお葬式

 2,007年8月18日(土) 
 兎に角、此方の国の人は段取りとか時間通りにとかと言う概念がない。一つをやって違う用事を頼まれると其方に移り、結局前の仕事を忘れている。言葉が分からないのもあるが、12時に始まると言った葬儀が急に牧師を連れて来て始まりは11時、僕は日本語の祝詞を上げ、続いて英訳を読んで貰った。日本語の難しさ、英語では半分もその真意は伝わらない。最後にMさんが更に光輝く様に浄霊した。その後、14時まで火葬場に行かなければ成らず、予定の車が結局来ないので、代車で運ぶ事に成った。「結局車が来ません。」と言われた時には、僕達日本人である相談役と龍也さんは切れそうだった。此が日常茶飯事に続く、普通の日本人で気に留めていると頭がおかしくなる。
 Mさんは14時過ぎに火葬されて仕舞った。最後、相談役が地元の皆様に挨拶された時、胸が詰まった。一番来たかったバンダラウェラで死を迎え、こんな形に成ってしまっての再会。相談役にとっては、本当に気の毒であり、我慢していたMさんへの思いを堪えきれなく成ったのだと思う。
 バンダラウェラの胡麻擂り工場に戻り、一人二人と居なくなって急に寂しくなった。寂しさを紛らわすかのように「辛気臭くて適わんわ。」と言ってライオン会を遣る事になった。こんな時だからこそ、明るくするのが相談役で喧嘩談義に武道談義、最後はヒランマネージャーに北島三郎の「まつり」を教えていた。何だか微笑ましくて、楽しい酒に成った。「まつり」は相談役とMさんが聖士会館の本部の壮行会で歌った唄。まるでMさんに聞かせるのように、静かなバンダラウェラの高地にこだました。
  1. 2007/08/18(土) 23:52:17|
  2. 講座|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ライオン会

 2,007年8月17日(金) 
 相談役が昨日合流出来たの、起きてバンダラウェラに向かって移動。Mさんを回想しながらの長い旅。相談役は「普通でもえらいのに、こんな道じゃよっぽどえらかんたんやろうなぁ。」と言ってMさんが良く寄った所や絶景ポイントを回ってビデオや写真を撮られていた。
 ゆっくりと6時間位掛けて、バンダラウェラの胡麻擂り工場に行った時は、もう暗かった。Mさんは、象牙の付いたベッドでスーツを着て横たわって居た。多くの人が慰問され、Mさんのお通夜がが始まった。机を囲んで相談役が持ってきたお土産を摘みに麒麟会ならぬ、ライオン会が始まった。スリランカにはライオンラガービールと言うのがあって麒麟には適わないが意外と美味かった。 
 ヒランさんも含め僕達日本人は、スリランカ人の狡いやり方にうんざりしていた。次から次へと問題が発生し、問題山積み。明日は早いので早く寝た。
  1. 2007/08/17(金) 23:49:42|
  2. 無分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

相談役との合流

 2,007年8月16日(木) 
 朝5時半に起きてMさんの遺体を取りに行くために近くのバドゥーラと言う場所に向かった。警察官を途中で拾って行くつもりが、待てども暮らせども来ない。結局、待たせるだけ待たして何か理由を付けて乗っていかなかった。だったら約束するなと言いたい。朝から龍也さんとぶち切れモードだった。裁判官とその書類を作る事務長を7時半に待ち合わせしたが、結局来たのは9時、時間的にもルーズで腹が立って立ってしょうがなかった。
 病院に行ってその裁判官がMさんの身体をチェックをするが、嫌な素行のおばさんで腹が立つのもピーキーだった。裁判所に行って龍也さんとマネージャーのヒランさんが、書類を申請するも普通では遣ってくれない。詰まり、袖の下を上げて初めて出来ると言う具合で、最悪なスリランカの体制に呆れて物も言えなかった。その後も病院、裁判所を行ったり来たりを繰り返し終わったのが16時、ただ書類を作って検死解剖するだけなのに一日掛かりだった。
 結局、病院、警察、裁判官、弁護士、裁判所の役人、検死解剖の許可する人、裁判所のタイプライター、遺体を運ぶ人まで全て袖の下を要求した。この国は終わっている。
 全てが終了してやっとコロンボまでぶっ飛ばして、それから相談役を迎えに空港まで行ったが、時間に間に合わずにMさんの友達の日本語が話せるスリランカ人に迎えに行って貰った。日本食レストランで食事し、遅くなって仕舞ったので、Mさんのコロンボのご自宅に泊まらせて貰った。相談役が来て下さり、何だか安心した。
  1. 2007/08/16(木) 23:45:32|
  2. 武道空手|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

袖の下

 2,007年8月15日(水)
 昨日来た検死解剖の許可する爺さんが、飯を食わせなかったからと臍を曲げ、先ずそのご機嫌取りと袖の下を渡しにマネージャーのヒランさんが動いていた。
 その爺さんと声が耳障りな警官が来てから裁判所に向かった。裁判所にはお昼前に着いて「30分待ってくれ。」と弁護士が言ったので、待つ事1時間半、彼らはランチに行っていた。その公民館のような裁判所の席で待つ龍也さんと僕は容疑者扱いも良い所だった。悪人面の偉そうな髭を生やした弁護士が聞いた事は龍也さんの名前と僕が医者である事だけだった。
 ヒランさんに此処でも又、袖の下を要求し、堂々とポケットに入れた。龍也さんと「オーバーザテーブル」と呼ぶ事にした。結局何も聞かれないで、今日検死解剖し、明日結果待ちと言う事になった。
 ずっと心は落ち着いていたし、堂々としていた。事がスムーズに運んだのは聖士会館の皆様の遠隔操作であると確信した。有難う御座いました。
 バンダラウェラの別荘に帰ったら、検死解剖を許可する爺さんと耳障りな警察官が未だ居た。何もするでも無く、お茶とクッキーを食べて寛いで居る。結局その警察官も袖の下を要求、普通のケースではないからとお金を余計に請求した様だ。これでは流石にマネージャーのヒランさんも疲れただろう。夜は熱があったので全身骨格調整をし、里芋湿布をして休むように言った。
 この国では袖の下が常套手段であり、プライドも何もありゃしない。仏教が中心である事が異様な感じがあったが、仏教の思想自体、自己中心に動いているし、狂っている。
  1. 2007/08/15(水) 23:30:35|
  2. 武道空手|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

疑いの目

 2,007年8月14日(火) 
 朝から役所の人間や警察が来て大騒動だった。
 残念な結果に成って仕舞ってMさんの友達と言う人が次々に現れた。みんな欲の固まりで、何をするでも無く、来て裏でお金の話をしている馬鹿な奴らである。Mさんを偲ぶと言う本来の意味なんかとうに何処かに行っている。
 Mさんの遺体は、近くの病院の冷蔵庫に保管される事になった。龍也さんと僕は警察から尋問を受け、疑いを掛けられて居ると言う事が分かった。会社を乗っ取る為にMさんに何かしたのではないかと言う疑いである。自分達がそんなレベルなので、そういう様な発想しか出来ない。龍也さんがスリランカの日本大使館に連絡しても何も協力もしてくれない。お役所仕事と言うのは一部を除いて何処に行っても同じような傾向にある。民間に関わりたくないと言うのが本音だろう。
 スリランカと言う国の仕組みやその人間性が分かって来た。気付き、気遣いとは遠い世界であるし、Mさんの苦労は半端ではなかったのだと思った。
  1. 2007/08/14(火) 23:26:57|
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Mさんの死

 2,007年8月13日(月) 
 Mさんの吐血は依然として止まらない状態が続いた。手当て法から手当てするも直ぐに吐き出して仕舞うので、うがいする番茶に少量の塩を入れて、塩番茶にして飲んで貰った。
 今日3回目の生姜湿布、里芋湿布の時に容態は急変した。空手の稽古をやって休んでいたら急にアンマから呼ばれて行ったが、身体がガクッと成っていた。直ぐに神霊治療と頸椎調整、耳を揉んだりしたが、昏睡状態になった。神霊治療をずっと続け、一条先生に遠隔操作を御願いし、何をすれば良いのかを聞いた。然し、光夫さんは日本時間で0時半過ぎに息をしなくなった。
 救急車を頼んだが、「故障して行けない。」と言われ、そんな事があるのかと思い、この国のお粗末な怠慢事情にも腹が立った。
 龍也さんとマネージャーのヒランさんに電話し、コロンボからトンボ帰りで帰って来た時は帰らぬ人だった。悲しみの淵、みんな泣くしか無かった。日本の相談役に直ぐに電話して、色々な手続きを取る龍也さんは不眠不休だった。
 唯一救いは、一条先生みどりちゃん、早紀ちゃん、もえ!ちゃん、みゅうちゃんが直ぐにMさんを光の世界にお連れ戴いた事だった。本当に有難う御座いました。
  1. 2007/08/13(月) 23:20:47|
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

インフラの悪さ

 2,007年8月12日(日)
 Mさんの様子は今日も苦しい状態が続いている。患者さんにも負担を掛けるし、焦っては駄目だと自分に言い聞かす。
生姜湿布、里芋湿布を確実に繰り返してくれる胡麻擂り工場の方々には頭が下がる。里芋湿布の里芋は、細かく切ってあまり水を入れずにミキサーでペースト状にしてから、布に包んで水気を切る。館長から絞っても白い部分は必要とお聞きし、一時間位してから、上澄みの水だけ捨てて沈殿した部分液体にスリランカの薬草を入れて、小麦粉750g、生姜末を少々、そして自然薯粉を少々、日本から持ってきた里芋粉で硬さを調整すると良い具合で出来る。
 茶畑をジョギングしてから、基本稽古をやり、龍也さんに付き合って貰い、護身術の復習をした。こんなのもあるのかと龍也さんは感心されていた。龍也さんも聖士会館で学んでいた一人であるが、確実に進化をしている事と昔から館長の技だけは凄いと言っていた。館長と組み手を遣って裏投げをされた事があるとも言っていた、凄まじい...
 スリランカはインフラが悪いと聞いていたが、偶にネットに繋がらない事がある。普通の電話も携帯電話タイプで、無線で繋がって居り進んで居る様で、風が吹くと回線が乱れて繋がらなくなる。電気も偶に停電が起きる。パソコンのバッテッリーを重量削減の為に日本に置いて来たが、パソコンを付けていると切れているので停電が起きたのだと判断する。
  1. 2007/08/12(日) 23:05:38|
  2. 武道空手|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

高地稽古

 2,007年8月11日(土) 
 バンダラウェラの胡麻擂り工場の近くにはリスも来るし、自然環境が恵まれているのだと感じる。Mさんは今日は調子が悪く、表面化した癌との戦いで苦しそうだった。リンパの癌が胃を圧迫してか何度も吐いた。
 今日は時間の空いた時に周りの茶畑を2km位だろうと思うが一周して走って基本稽古、移動稽古を遣ってみたが、必要以上に疲れる。基本稽古を遣ってばててしまった。
 後で聞いたら、此処は標高1900メートル近くあるらしく、どおりで息が乱れるのが早いと思った。周回コースには、農家の民家もあり、子供達が珍しがって僕が走るのを付いて来て、稽古を遣っていると遠くから手を振っている。夏休みなので、時間もあるらしく珍客が面白くて仕方がないのだろう。
 胡麻擂り工場の家族が総出で生姜湿布、里芋湿布を手伝ってくれるので、本当に有難い。Mさんが此処に帰りたかった意味が良く分かった。この家族の為にもMさんは倒れては居られない。何度も何度も自己浄霊し、頑張って欲しい。


  1. 2007/08/11(土) 23:58:20|
  2. 武道空手|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アンマ

 2,007年8月10日(金)
 高地バンダラウェラの朝、昨日来る時には分からなかった道や茶畑が周りある事に気が付いた。スリランカ、セイロン島は紅茶の産出が世界的に有名なのを忘れていた。緑茶の茶畑を見ている日本人にとって、葉っぱが大きいのに吃驚する。
 起きてから、規則正しく生姜湿布や里芋湿布を行う為にタイムススケジュールをヒランさんと作った。それに従い、作り方の指導をして買い物に出掛けた。昨日一緒に遣っているのもあるが、一度教えただけで任せきれて仕舞う信頼関係には感服した。帰って来た後は、生姜湿布を終え、里芋湿布も貼り替えた後だった。これにはキーとなるMさんが「ばばあ」と呼ぶアンマ(=スリランカ語でお母さんの愛称)が居て、良いキャラクターでMさんに「NO!」と言わせない!Mさんが生姜湿布を熱いと言っているのに、更に肌に押しつけて有無を言わせなかった。同時に土屋さんを思い出して、一癖も二癖もある強力な助っ人が出来た感じで心強かった。
  1. 2007/08/10(金) 03:35:33|
  2. 講座|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

高地バンダラウェラへ移動

 2,007年8月9日(木) 
 日本から小島龍也さんがいらして、直ぐに生姜湿布を手伝ってくれた。お昼過ぎにコロンボ郊外から胡麻工場のある高地バンダラウェラに出発した。
 道の途中でMさんが気を遣ってくれて、キングココナツのジュースとランブータンを御馳走になった。スリランカは一年中暑い国だけ超陰性の果物ばかりで、身体が超冷える。
Mさんは悪道路の揺れに耐え、6時間半の旅。悲鳴を上げながら高地バンダラウェラに着いた。行く途中、山が燃えていると思って、ヒランさんに聞いた所、「沢山あるから燃やします。」と言っていた。あまりにも面白い返答で呆気に取られたが、木の葉っぱだけ燃えて木は燃えないから安心らしい。
バンダラウェラの別宅に着いて土地の浄霊をし、生姜湿布を遣りたかったがMさんが疲れているので遣らないと言い出した所で、相談役から絶妙のタイミングで電話があり、生姜湿布を遣る事になった。
 バンダラウェラは高地なので僕には丁度良い環境。夜は涼しくて気持ちが良い。Mさんにとっても静養には良い所かも知れない。
  1. 2007/08/09(木) 23:33:14|
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コロンボ帰宅

 2,007年8月8日(水)
 今日から又、コロンボ郊外のMさんのご自宅に帰る事になった。
 帰りの道は揺れるので、Mさんの気も立って来る。その矛先はヒランさんに向けられるので、ヒランさんも不機嫌になる。日本の話をして宥めたり、眠気が襲わない様に話し続けていた。
 その後、帰って来てMさんの空軍の偉い人が来たが、忙しい時は猫の手も借りるので、生姜湿布を手伝って貰った。ヒランさんはもう一回買い物にコロンボへ。
 夜にもう一度、生姜湿布、里芋湿布をして長い一日が終わった。ヒランさんにも生姜湿布を腰にやってあげた。このヒランさんも動物性タンパク質と水分の過剰摂取は止めないと行けないと伝えていたが、夜は鶏肉の料理をお土産に買って来た。
  1. 2007/08/08(水) 23:29:22|
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

砂浴三日目

 2,007年8月7日(火)
 赤道の近くは陽が常に上から照らしているが、朝の方が日差しが強いので今日は9時からMさんに砂浴して戴いた。
 海岸では空いた時間に稽古、基本と形、記念撮影を行った。
 携帯電話からインターネットを接続していたが、色々試してもネットに繋がらなくなった。ホテルにあるインターネットカフェでネット接続しており、思った時にメールが出来ない。受付の人が腰が痛いと言ったので、昨日、軽く全身骨格調整を遣ってあげた所、腰が調子良くなったからとその人とその友達は、ネット代を取ってくれない。スリランカ人の気質なのか、何だか嬉しくなった。
 今日のMさんは何も言わずに6時間続けて同じ姿勢で頑張った。夕方、砂浴が終わって、厨房を借りて番茶や御握り作りの為に厨房を借りていた。3日間お世話に成って、厨房のシェフとも仲良くなった。カメラを持って行って最後に記念撮影した。シェフなので、日本の食材にも興味があるようで、色々と聞かれ、食材を興味深く見ていた。
 リンパマッサージと里芋湿布を施して空いた時間でヒランさんと卓球をやった。ヒランさんも連日の里芋湿布の交換で大夫お疲れの様子。卓球をやって少しはストレス解消できたのではないかと思った。里芋湿布をもう一度交換しようと思ったが、Mさんは爆睡され、起きた時に交換する事にし、僕達も休んだ。







  1. 2007/08/07(火) 21:59:27|
  2. 武道空手|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

砂浴二日目

 2,007年8月6日(月)
 今日は気を取り直して、朝から段取りをして道着に着替えて砂浴に向かった。半袖短パンよりもこの方がずっと涼しい。でも日本でやる元気学園の砂浴に比べ日は落ちないが涼しい。
 スコップはホテルに借りるが、スリランカ人はイエスでもノーでも全て首を横に振る。首を横に振るので、スコップを貸してくれないと思いきや貸してくれた。なんか変な感じだが、此がスリランカ人の特徴なのかも知れない。また、穴を掘っているとどこからともなく人が集まって来て、「何か手伝うか?」とか「何でも手伝う事があったら言ってくれ!」とか言って助け合いの心が素晴らしい。でも普段はその辺でフラフラしているので暇なのかも知れないが、それでも有難い。
 今日のMさんは頑張って7時間近く砂浴に入った。終わってから、シャワーを浴び、倒れるように爆睡され、全身骨格調整をして、里芋湿布をしてまた寝た様子。疲れ切ったのだろう。


  1. 2007/08/06(月) 23:59:09|
  2. 講座|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

砂浴一日目

 2,007年8月5日(日)
 早く起きて砂浴をやる海岸に向かいたかったが昨日の夜も遅い為か寝坊した。10時頃にやっと出発、海岸のリゾートに着いたのはお昼過ぎだった。それから直ぐに準備をして穴を掘ってMさんに入って貰った。一時間もしない内にMさんは腰が痛いからとああでも無い、こうでも無いと言い出して大変だった。館長からなんとしてでも入らせるように仰せつかったので、最後はみどりちゃん達からMさん宛によこしたメールを最初から読んで差し上げた。読んでいる間は黙って痛さも忘れて砂浴に入った。此が一番の特効薬なのかも知れないと思ったが、決意をしたのに、2時間で上がると言う人は聞いた事もないので、そんな話もしてあげた。
 夜に玄米スープを作りたかったのでホテルの厨房を借りて玄米スープを作った。シェフ達は興味津々で僕の遣る作業を見ていた。何故かコックのつける縦長の帽子まで被せられ、玄米スープを作るだけなのにシェフ気分。「また、明日も来いよ!」と言われ、友達になった。



  1. 2007/08/05(日) 23:59:05|
  2. 講座|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:0

コロンボで買い物

 2,007年8月4日(土) 
 Yさんの御父さんの訃報をメールで知った。謹んで御冥福をお祈り致します。
 コロンボの町は結構大きいが、アジアの発展途上国特有のわいわいがやがや人が多い。日本人は車で運転できないのではないかと思われる程、車がラインを関係なく次々に割り込むし、人は車の間を縫う様にして入ってくるのでスピードは出せない。車が来なくても歩行者は信号をきちんと守っているのは日本人位だろうと思われるが、それは秩序が未だ保たれているからなのかも知れない。
 お金の交換をやり、圧力鍋やステンレス製のボールを調達し、最後に市場に向かった。市場は活気があって日本だと競りを遣っているかのように意味無く五月蠅かった。インターネットもやっと携帯電話を通して繋がるようになった。電話があるが、メール交換出来ると言うのが本当に有難いし、聖士会館のみんなのホームページが見られないと言うのはやはり寂しい。
 スイカが1個、20~30ルピー、日本円で30円位と激安。余ってこれ以上下げられないらしい。里芋と生姜を大量に購入したが、日本とは考えられない程安いと思ったが、Mさんの会社のマネージャー、ヒランさんは高いと怒っていた。
 家に着いてMさんが経営する学校の現地の日本人の日本語教師やヒランさんの友達も来てみんなで生姜湿布、里芋湿布を施した。その後は力尽きて寝た。
 

  1. 2007/08/04(土) 23:59:31|
  2. 武道空手|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

スリランカ到着

 2,007年8月3日(金) 
 明男さん、御誕生日おめでとう御座います!
 シンガポールに着いてトランジットホテルが満杯で乗り換えまで時間がありすぎるし、Mさんの足は浮腫みも酷くなって来たし、手当てもしなけばならず、結局寝る暇も無かった。里芋湿布はジップロックの袋に入れて一袋ずつ作った。シンガポール空港は広く、インターネットも無料で出来るので、館長みどりちゃん達に報告メールをしたら、ほっとした。近くに煙草が吸える涼しい喫煙所もあるし一寸快適。結局トランジットホテル満杯の儘なので、休憩所にMさんを寝かせてインターネットをやったり、煙草を吸ったりしていたら、乗り換えの時間になった。結構Mさんは寝られたらしく安心した。
 シンガポールから出る時も輝きの光をみどりちゃん達輝きのお嬢様方に降り注いで戴き、何とかスリランカ、コロンボまで着いた。
 コロンボにはMさんの右腕のヒランさんが首を長くして待っていた。それから大根と生姜だけ調達し、コロンボ郊外のMさんの大きい家に到着した。手当て施し、夜が更けて行くのも早くいつの間にか寝ていた。

  1. 2007/08/03(金) 23:59:13|
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

出発!

 2,007年8月2日(木) 
 朝は一番早かったのだが、癌患者Mさんで僕が起こされ、それからみんなを起こして回った。関空に向かう途中の車の中でMさんは余裕で鼻歌を歌っていた。後から気付くがみどりちゃんが8時に輝きの光を注いで居た為だった。解り易い人だと思った。また、聖士会館のみんなからのメールが届いた。今まであまりスリランカに行くと言う実感が無かったが本当に今からスリランカに行くのだと初めて実感出来た。
 関空に着くと太郎さんズッサンテン先生、ぷっちーさんが見送りに来てくれていた。遠くまで有難い。
 みんなに別れを言ってMさんと飛行機に乗り込んだ。出発前大雨、大風が吹いていたが、出発の時は止んでいた。みどりちゃん達輝きのお嬢様方の天候操作に因ってあの悪天候が変わって仕舞ったのだと後から教えて貰った。飛行機の出発前も輝きの光を戴いて気持ちよく離陸できた。
 運良く一番後ろの5席を確保したので、里芋湿布の交換もする事が出来た。バンコクに着いてトランジットの為一度降りなければならなかったのだが、バンコクの空港が冷房ガンガンで癌患者Mさんの身体は冷え切って仕舞った。飛行機を浄霊して乗り込むも出発前ガタガタと震えだし、アテンダントも心配して毛布を沢山持ってきたが追いつかなかった。出発する時間になりどうなるかと思ったが、電気系統のトラブルで一時間程飛行機は止まり、その間冷房も止まった。その内にMさんの体温も回復し、Mさんも館長みどりちゃん達かな?と言って2人で事なきを得た。
 そして乗り継ぎのシンガポールの空港に無事に着く事が出来た。
  1. 2007/08/02(木) 23:59:49|
  2. 武道空手|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ
合計
無料カウンター
本日

昨日

画像掲示板メル友大阪 風俗出会い系サイト無料 出会い出会い系サイト同人 ダウンロード

お得なポイント貯まる!ECナビ


フルーツメール
無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱

三吉

  • 作者:三吉
  •  聖士會館を知ってから、気付きや気遣いについて学ぶ事が出来、考え方が少しずつ変化しています。

     自分にとって聖士會館がただ単に空手道を学ぶと言う所と言うだけではなく、大きく人生を好転させる切っ掛けを与えて貰 った所でもあります。

     夢を持ち、真実の武道、真実の医術を伝えたい!聖士會館空手道、医術をを生涯の学舎として人生の記録を残していきたいです。

    聖士會館の言葉をお借りして

     『肉体は大宇宙と調和し一体となり、魂は超神霊を追い求めて』を人生の最大の目標として大宇宙の仕組みや秩序を理解し、無限なる心の容量を増やして行きたい...

  • RSS
07 | 2007/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。