三吉の聖士會館日記『聖士會館を通して学んだ出来事、日々の出来事』
FC2ブログ

 聖士會館の医術、武道を学舎とし真実を追求したい。夢を持ち、自分の成長と人生の記録としてこの日記を書いて行きたい。
 『肉体は大宇宙と調和し一体となり、魂は超神霊を追い求めて』が人生の最大の目標として...

2,004年10月以降は此処から

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

最後の出勤日

 2,007年7月31日(火) 
 佐久間さん、御誕生日おめでとう御座います!
 昨日もどんちゃん騒ぎ、SARAで最後の夜を過ごした。まゆちゃんが名古屋から来てくれていたので、SARAに僕が居るうちに岩盤浴に入ってもらうことになった。
 午前中は佐久間さんが来て、新しい機械を取り付ける為、大阪商人がずうずうしく、佐久間さんのF建設にドアをとってくれと言ったらしく、確認すると誰でもドライバー一本で取れる事が分かり、佐久間さんは途中でぶち切れて帰った。その気持ちが分かって、業者さんに自分で遣るように伝えた。
 パスポート交付で受け取りに豊橋駅周辺に寄り、渡航準備のために必要な物を揃える為にぐるぐる動いた。まゆちゃんが岩盤浴に入りに来たら、SARAで明日から来ると言う人達が打ち合わせ、沢山居たが挨拶も無く、まゆちゃんに気分を悪くさせて仕舞ったのでは無いかと思い、僕も気分が悪くなった。果たして挨拶出来ない人間が接客が勤まるかどうか心配だ。
 稽古に行くと館長が実践の状況からしか生まれないであろう戦うテクニックを教えてくれた。館長だからこそ教えるその技に感動した。
 その後、佐久間さんの誕生会と壮行会3。空手の稽古生とカー君が来て今日もどんちゃん騒ぎ、知らずに寝ていた。
スポンサーサイト
  1. 2007/07/31(火) 00:59:00|
  2. 武道空手|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

仕事の終了

 2,007年7月30日(月) 
 チェリーさん、御誕生日おめでとう御座います!
 今日で実質的なSARAの仕事は終了した。スリランカ行きの為の準備に終始追われ、店を離れる事が多かった。
 SARAは社長の意の下、聖士会館の人達が協力して作ったと僕は今でも思っている。左回りに回る日本で唯一の岩盤浴、浄化された空間、一度来た人はまた来たくなる不思議な施設。色々な問題もあって正直、思うように進まなかった。それでも今でも聖士会館の人達は律儀に応援してくれている。これからも聖士会館の人達にはお世話になるだろうと思うし、そうなった方が良いと思う。看板だってぷりんさんや伯彦君が作ってくれた。それをSARAの人は絶対に忘れては行けない。やめる人間がああだこうだ言っても仕方ないのだが、聖士会館の顔や館長の顔で来てくれた方々に社長共々心から感謝したい。有難う御座いました。
  1. 2007/07/30(月) 23:57:06|
  2. 会社|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

壮行会

 2,007年7月29日(日)
 丸中食堂の丸中食堂の女将さん、お誕生日おめでとう♪
 夜から末期の癌患者Mさんと僕のスリランカ行きを激励して壮行会を開いて戴いた。
 スーチャンが書いた垂れ幕を後ろに豪勢な料理に囲まれ、Mさんの治療や生姜湿布を手伝いに来てくれた人が沢山集まり盛大な会だった。
 演芸大会が始まり、良かったのが相談役とMさんの北島三郎の兄弟デュエットで、その唄う姿に感動した。
 その後色々な芸もあり、明男さんの鶏姿ありで盛り上がった。宴もたけなわで相談役と癌患者Mさんのみんなに対する感動の言葉も述べられ、僕は反対に身の引き締まる思いがした。Mさんにとっても僕にとっても正念場、スリランカ行きは覚悟の一歩。
  1. 2007/07/29(日) 23:51:25|
  2. 講座|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

生姜湿布攻勢

 2,007年7月26日(木)
 今日も暑い日。例年なら今頃元気学園が行われていたが、今年は8月になった。元気学園での砂浜の稽古が懐かしい。
 岩盤浴に入って出てきた人の顔を見ると真っ赤に成って居る人が多い。館長にお聞きした所、頬の反射から言っても、腸に水気の多い人は真っ赤になる傾向にあるようで、最近の医者の水ブーム?が浸透しつつあるのではないかと思った。平気で自分の連合の儲けだけの為に水を飲め飲め言う医者は矢張り狂っている。水気を摂るのを辞めれば治って仕舞う病気が世の中には沢山あるのではないかと思う。
 本部は癌患者さん達の連日の生姜湿布攻勢。この夏の暑さに生姜湿布の熱さは堪らないが癌患者さんはもっと堪らない。毒出しが加速される事をお祈りしたい。癌患者さん達が少しでも笑顔になると安心する。その笑顔を見る為にみんな本部を訪れるのだと思う。
 本部で夜は、治療後の晩餐。僕とカー君は連日だが、今日も麒麟会。心に余裕を持とう!
  
  1. 2007/07/26(木) 23:14:26|
  2. 講座|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

決意を新たに

 2,007年7月25日(水)
 奈津子さんからスリランカ行きについて励ましのメールを貰った。優しいメールでお気遣いが、有り難たかった。お気楽な僕も返事はした物の最近は何故行くのか、自分に出来るのかを考えて居た。奈津子さんのメールで、決意を持って行く事を後押しして貰った。
 スリランカについてネット検索すると色々な事が分かった。貧乏な国で貧富の差が激しいとか、スリランカ人は3食カレーを食べるだとか、書いてあった。癌患者さんは食べ物も制限される日本の食材がない中でどうやって完全正食を続けて行くかを考えなければならない。
 夜は生姜湿布後の晩食。テーブルには豪勢な食事が並んだ。その横でカー君と僕は麒麟会。定例メンバーの叔久さんは、新車の浄霊後帰られて仕舞った。館長も連日の仕事の為にご帰宅され、残ったメンバーはズッサンテン先生典子さん、カー君と僕。結局5時まで遊んでいた。みんなタフ。
  1. 2007/07/25(水) 23:41:25|
  2. 武道空手|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

四方投げの稽古

 2,007年7月24日(火)
 SARAは定休日だが、佐久間さんの電話で起こされ、出勤。改造工事に来てくれ、鍵だけ開けた。そして、二日酔いでグロッキーなので癒しの部屋で2度寝をした。佐久間さんはTシャツに着替えて男性用の岩盤浴に入って毒出しするらしく、定休日の間に中々抜け目の無い人である。
 一寝してパスポートの申請に行って来たら、SARAに帰って来た時には工事は完了していた。その後、明男さん佐久間さんに何回も電話で呼びだされ、みんなで本部に行った。
 本部では、その内に生姜湿布が始まり、手伝いをさせて貰った。生姜湿布の手当法にはゴム手袋をしても良いとあるが、温度差を敏感に察知し、熱さを判断するには矢張り素手が良いのだと思う。
 夜は本部道場へ稽古に行った。佐久間さんが仕切り、少年部も真面目に励んでいる様に見える。久し振りに四方投げの稽古をやり、自分の癖を再認識した。館長が来られて後ろから首を絞められた時の実践技を教わった。中心力の移動と自分が如何に余裕で居られるか、相手は両手を塞がっているのだから、自分の方が優位であると言う咄嗟の判断が求められる技で実践から編み出された技に感服した。
 
  1. 2007/07/24(火) 23:18:00|
  2. 武道空手|
  3. トラックバック:3|
  4. コメント:0

社会人

 2,007年7月23日(月)
 今日も暑い日。蝉の声が又暑さを加速する。最近、業務の暇な時に僕もSARAの岩盤浴を繰り返してる。今日で3日連続二日酔いで陰性の時は身体が温まって気持ちが良いが、30分も入ると汗と一緒に塩気が抜けてそれだけで体質改善に成っているのではないかと言う程、スッキリする。塩気が抜けてフラフラするので、大根卸入り梅醤番茶で補給すると直ぐに復活する。
 晩に前の派遣会社の同級生が来て仕事が終わって近くの飲み屋で飲んだ。カー君も一緒に来て貰い、社会の現場の話しを勉強して貰った。その同級生は苦労人で良い話しをしてくれたと思う。その後は本部に行ってまた飲んだ。
 
 
  1. 2007/07/23(月) 23:46:10|
  2. 会社|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

食養家

 2,007年7月22日(日)
 今日も暑い日が続く。パートさんのお腹の調子が悪くSARAに居る間は調子が良いが、梅肉エキスやフコイダンを飲んで貰っても家に帰ると戻ってしまう。館長の判断を仰いだ所、蓮根葛湯か葛湯に梅干しの黒焼きを入れて飲んだらどうかと仰ったので、それを実践して貰った所、パートさんの3週間続いた下痢は止まった。食養は本当に奥が深く、人それぞれ完全に合うような食事を摂らないと修正する物も修正しない。話の一部を聞いて判断出来る館長は食養家としても素晴らしいと思う。
 話が急展開になり、末期癌の患者さんの付き添いでスリランカに行く事になった。色々な経緯はあり、不安もあるが頑張るしかない。聖士会館のみんなが想うように、僕も癌患者さんには復活して欲しいと思う。
  1. 2007/07/22(日) 17:30:23|
  2. 会社|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

毒出し

 2,007年7月21日(土)
 アトピー性皮膚炎の酷いKさんが、この所岩盤浴と全身骨格調整に来てくれている。アトピー性皮膚炎は肝臓と腸の病気であると習った。Kさんの肩周りもコチコチに凝っているので、これも肝臓の反射であると判断できる。先ず肝臓にアイシングを施す。そして、岩盤浴に入って、身体が温かく成っている所にお腹揺すりを加えるとお腹が加速的に動いて行くのが感じられる。
 SARAの岩盤浴に入った後は、肝臓部の肋骨に手が入るように成ってくる。また、患者さんを腕を下に横にし、肩甲骨周りを持ってブラブラさせると気持ちが良いようだった。日に日に良く成っては来ているが、食生活を気を付けないと直ぐに戻って仕舞うと言うのを仰っていた。館長が仰るように肝臓からも排毒が加速されるSARAの岩盤浴は、アトピー性皮膚炎の人には可成り有効なのだと思う。
 夜本部に寄ると小島相談役夫婦も居られ、癌患者さんを激励されていた。みんなで末期癌の患者さんと食道癌末期の患者さんに生姜湿布を施していた。生姜湿布をすると患部は楽な様で患者さんは、スッと立てる程の状態になった。館長も御疲れでみんなで首の痼りに生姜湿布を施した。
 その後、楠美家で待っていた明男さんと3人でに行ってカー君の就職内定祝いをやった。祇園祭なのでマンションから打ち上げ花火を上げるとかマンションの9階からバラコンバンドでバンジージャンプをするとか馬鹿な事を言って楽しんだ。京都に講座に行ったずっちゃんが手料理を沢山作って下さっており、美味しく戴いた。お気遣いが有り難かった。調子に乗って飲み過ぎた。
  1. 2007/07/21(土) 23:02:30|
  2. 武道空手|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

少年部の指導

 2,007年7月20日(金)
 ピーちゃん、お誕生日おめでとう♪社会人1年生、頑張ってね!
 パートさんと今日は、玄米饂飩三昧。薬味を沢山入れて、矢張り玉葱のみじん切りが元気学園を彷彿とさせ、しゃきしゃきして美味い。みんな鶴島さんの麺類シリーズに填っている。
 典子さんがメールをくれて「オコゼ」と言う害虫を見に来てくれた。イングリッシュガーデンは最近ぼうぼうと草が生えて来てワイルドに成って来た。英国婦人像の隣に2本白樺の木が生えているのだが、確実に太くなって来ているのが分かる。SARAの中の観葉植物達も確実に大きく成っている。そんな2ヶ月で成長が分かる程、木は伸びる物だろうか?矢張り特別な空間だからだろうか?
 今日の稽古では黒帯の人が誰も居らなくて、少年部の基本の指導をした。少年部は最初の挨拶から出来て居ないし、直ぐに飽きて仕舞う。後から健司君が来て指導するもあまりの不真面目さに壁を向いて正座をさせられたのが2人居た。その時、未だにやついて居たので反省をして居ないのが分かったので怒鳴った。叱る時は本気で叱らなければ成らない。少年部の基本が出来て居なければ、大きな怪我に繋がる恐れもあるので、本気で出来るまで教えなければならないと思う。その辺を黒帯の人で話し合わなければならないと思う。
  1. 2007/07/20(金) 23:39:29|
  2. 武道空手|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

片付け

 2,007年7月19日(木)
 孝世さん、お誕生日おめでとう御座います!
 朝のパートの子に「机の上が汚い!」と言われて、反省して掃除をした。本部のように整理整頓すると見た目はすっきりするが、性格の問題か散らかっていた方が何となく自分の手の届く所に物があって、落ち着く気がする。最初は何処に片付けたか分からない。
 本部に昼間御邪魔して珈琲を御馳走になった。本部に来ると気持ちが良くなって眠くなって仕舞う。癒しの音楽も重なってか、とても心地良い空間であり、みんなが良く集まるのが分かる気がする。最近は癌患者さんに来る癒しのもえ!ちゃんから来るメールがまたまた楽しみ♪文才もあるもえ!ちゃんは矢張り天才だ。
 夜は久し振りに家に帰ってみた。帰って冷静に家を見るとゴミ屋敷の一歩手前で、麒麟ラガーの空き缶だけでも5、6箱分ある。気にも止めずに良く溜めたものである。SARAでは衛生管理とか言っている癖に自分の事は何も出来てないと一人で笑ってしまった。
  1. 2007/07/19(木) 23:03:05|
  2. 会社|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

水曜麒麟会

 2,007年7月18日(水)
 末期の癌患者さんが今日もSARAに来て毒出しした。背中や腰にボツボツが出てきて痛みが酷いらしく顔をしかめられていた。
 本部に行くと患者さんで賑わっていて広くした部屋も直ぐに満杯に成ってしまう。噂を聞いて館長を訪ねて来る人は多い。
 夜は定例になりつつある水曜麒麟会。館長は今日も仕事の為帰られた。本部に行っても総本部に行っても寝る暇なく頑張っておられる事を考えると申し訳なく思う。それでもその根幹には患者の為、会員の為であり、本当に有難い。
 水曜麒麟会には鬱病と診断されたIさんも加わり、楽しい一時。飲んで気付いたら朝に成っていた。
  1. 2007/07/18(水) 23:36:57|
  2. 講座|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

癒しの空間

 2,007年7月17日(火)
 SARAの定休日だが、佐久間さんの会社が工事があったので、朝に本部を出て、癒しの部屋(骨格調整部屋)で寝ていた。最近は洗濯も出来るし、飯も炊けるし、居ると気持ち良いので家に帰らずに本部とSARAを行ったり来たりしている。もう殆ど住んでるのかも知れない。
 末期の癌患者さんが今日も毒出しに来てくれた。試しに僕も入ってみたが、全然耐えられない。終わった後はずっと手がポカポカして唯でさえ暑いの岩盤浴は陰性の人向きであるのが明らかだと思った。
 佐久間さんは仕事の合間に色々な部屋で寝ていた。一番気持ち良いのがどこなのかを探すかの如く。
 稽古には時間前に入れた。ピーちゃんも伊良湖から来て前に立って基本をやって戴くが、見本となる綺麗な基本である。少年部には館長から言われていたのでサンドバッグを蹴って貰った。青年部が集まり、その後は拳足鍛えと形の見直しを行った。形はやってもやっても修正するところが沢山ある。終わりになってサンドバッグ、拳足鍛えを繰り返していたら、岩盤浴に入ったのも相成って塩気が抜けてフラフラになった。
  1. 2007/07/17(火) 22:47:18|
  2. 武道空手|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

SARAのお客

 2,007年7月16日(月)
 世の中は連休。今日のお客も聖士會館の人達が8割。SARA聖士會館の人達で支えられている。
 聖士會館の人達が来るとぱぁと賑やかになり、笑い声がこだまする。
 洗濯爺さんも気に入ってくれて二日連続でのご来店。今日は、接客についてのお叱りと常にお客様に身になって考える事を教えて戴いた。色々と直接に言ってくれるのは、仲間だからである。有難い。
 聖士會館から癌患者さんも来てくれて、もう慣れた物で何も言わなくてもさっさっとやって寛いでくれている。今日は排毒が加速されるのか辛そうだった。
 夜本部に行ったら、小島相談役が来て麒麟会が始まっていたので、今日も参加させて貰った。みんなで飲むと美味いし、話が盛り上がった。館長は仕事で帰られた。他の人も一人帰り、二人帰り、結局僕一人に成った。
  1. 2007/07/16(月) 23:25:44|
  2. 会社|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

7月一条の光研究会、身体研究会

 2,007年7月15日(日)
 台風が一過して、空気が清々しい。今日は日曜日とあって、SARAには色々な人達が来てくれたが、殆ど聖士會館のメンバーだった。
 昼過ぎにがんこさんが、秋田から着いてかもさんと一緒にSARAに駆けつけてくれた。新幹線で何時間も遅れて仕舞ったらしい。
 夜から一条の光研究会があり、ビームライトの技術に感動した。山口県では、毎日のように一志さんを調整していたのだが、一向に良くなる気配が無くて悔しい思いをしていた。その超悪い腰が、基本的な奇経治療とそれを応用した技術で痛みが取れて仕舞った。山口では波動転送装置は遣ってみていたが、奇経治療なんて頭に全然無かった。これだから体育会系は頭では働けない。
 その後の骨格調整でも素晴らしい技術を教えて貰い、目から鱗だった。ほんの少しの事なのだが、このちょっとした気付きが僕には無い。改めて館長の偉大さを感じた。空手の誘いのような技術、患者にも負荷も与えないので此からの全身骨格調整に生かしたい。
  1. 2007/07/15(日) 23:52:23|
  2. 講座|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

山口県から帰省

 2,007年7月14日(土)
 山口からの帰省の日、台風に追われながら帰省するような感じで、新幹線は若干遅れたが、動いているだけ有難い。
 帰りは原田社長と奥さん、和典さんに見送られ防府を後にした。本当にツルシマの方々には良くして戴いた。原田社長は近いうちに豊橋を訪れる事を約束されていた。其の時は大宴会、歓迎パーティも良いかもしれない。
 御土産を防府駅で購入した。館長は癌患者さんは食べられないからと地域限定のキーホルダーを患者さんの為に購入されていた。そのお気遣いと優しさに感動した。何時も館長の心の中には癌患者さん達が居るのだし、常に遠隔操作をして居る事を考えると胸が熱くなった。
 昨日用意した麒麟ビールと胡瓜と茄子の漬け物で乾杯した。新幹線の車中は暑くてビールがすすむ。館長は普段の寝不足を解消と言って眠られて居たが、多分全開で遠隔操作されていたのではないかと思った。
 豊橋に着いて本部に着くと癌患者さんと他の患者さん、スタッフでいっぱいに成って居た。明男さんは里芋湿布練り専門らしく、蕎麦打ちを極めたと言って居た。僕も一回だけやらせて貰ったが可成りの重労働である。永ちゃんと二人で何時も練っているらしい。本部に帰ってきたら何だか安心した。
 その後、SARAに出勤。この一週間代わりに頑張ってくれたカー君を労った。
  1. 2007/07/14(土) 23:57:24|
  2. 講座|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

土地の浄霊、御断り

 2,007年7月13日(金)
 今日は復旧も終わって掃除に明け暮れた。備長炭の粉は細かいので色々な所にまで舞って仕舞い、黒くなっている。それを丁寧に雑巾で拭いて行った。畳も引いて北向きに寝っ転がると身体が熱く成ってくる。お断りをする前なのに素晴らしく気持ちの良い空間である。
 日高相談役も一志さんも其処でやる事も終わってごろ寝。回復を図っていた。
 夕方19時半、館長が和典さんの車で到着され、早速、御断りと浄霊をして戴いた。この家の持ち主である鶴島ツユ子さんにお断りをして戴き、ご家族は感動の言葉を戴いた。霊界に自由に出入り出来る館長は、会話を伝えるのは朝飯前なのだろうが、ツユ子さんの家族を思う気持ちや家に対する愛着をお聞きするとビームライトアキュミュレータを作って本当に良かったのではないかと思った。
 その後は、日本料理屋で宴会。後から原田社長も参加され、楽しい一時はあっという間に過ぎた。館長から今本部で行っている癌治療のお話があった。治療に必須アイテムである里芋湿布はツルシマブランド。今館長がやっているような治療も里芋粉無くしてはあり得ないであろう。その聖士會館とツルシマさんの密接に繋がった信頼関係、ビジネスを超えた関係が其処にはあると思った。原田社長は最後涙ぐんでいたのではないかと思う。感動の下、会はお開きに成った。
  1. 2007/07/13(金) 23:41:15|
  2. 会社|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

復旧工事

 2,007年7月12日(木)
 今日から復旧工事で粉状の備長炭は乾き始めて、固まり始めていた。床を戻す前にアキュミュレータの子機を縁側に潜り、各部屋の中心に設置した。原田社長と和典専務の家の下にも潜り、子機を設置した。土台の作り、床を張ろうとした所で僕の携帯電話が鳴った。電話を探すが音はすれども形がない。日高相談役が床下から聞こえて来るのを発見。床下に潜り、匍匐前進して時に携帯電話がポケットから落ちて、其の儘にして来たらしい。完全復旧する前に気付いて良かったし、其の時に電話が掛かって来なければ、一生気付かなかったかも知れ無い。また、土台を剥がして、携帯電話を取りに潜った。あの時の電話はSARAの事を聞きたくてカー君が掛けて来ていた。救いの電話だった。
 お昼はツルシマさんの絶品素麺を沢山の薬味と共に戴いた。鶴島の素麺がある事も初めて知ったが、矢張り冷や麦の方が僕の口には合う。SARAで毎日のように細饂飩と冷や麦を食べ続けていたので、ツルシマファンとしては、捨て難い一品だ。今年も暑いので、良く出るらしくツルシマの麺類を本部で購入出来るのは幸せな事かも知れ無い。
 午後から手が空いて仕舞ったので、庭の草取りを行った。昨日の夜に日高相談役からあんなに良くして貰って、僕らが出来る事は何でもやるぞと言われて居た。日高相談役の心意気が好きだし、そんな風に仕事が出来る職人の頑固さが格好良い。草取りをしていたら、原田社長が来て、喜んでくれて良かった。
 夜は近くの居酒屋に飲みに行った。一志さんも解禁で少しだけ付き合われて楽しい一時だった。良くなったり、悪くなったりで腰痛の状態は変わらないらしく、館長が来られるまでどうにか成らないかと思って居たが思ったより症状は酷いようだった。
  1. 2007/07/12(木) 23:18:19|
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ビームライトアキュミュレータ工事3日目

 2,007年7月11日(水)
 工事もメインの備長炭を入れる工事が始まった。養生テープをして型枠を外すとしっかりとした六角柱の穴が出来て居た。穴に水が入って来ないか心配だったが、大丈夫で午後から備長炭を入れる時は雨も上がっていた。絶妙のタイミングで晴れてくれて工事も順調に進んだ。SARAの時にお酒の分量を間違えて仕舞ったが、今回は少なめのお酒の量で炭を入れる前に浄霊をしてお断りをした。備長炭を入れると部屋の中が浄化されるのかマスク越しに息をしてもスゥーとする。
 後でシャワーを浴びた時は、鼻の中が真っ黒に成って居た。備長炭が舞わせる粉は微粒子で細かい為か、幾ら洗っても次から次に出てきた。ホテルに帰れば、麒麟会がある。日高相談役はお気に入りの焼酎を購入され、ご機嫌だった。
 
 
 
 
 
  1. 2007/07/11(水) 23:01:34|
  2. 会社|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

防府観光

 2,007年7月10日(火)
 今日はコンクリート養生の為に仕事が無かった。一志さんは相変わらず腰の痛みが酷く、アキュミュレーターの穴がある隣の畳の部屋で一志さんも養生。
 日高相談役と巧建の従業員の方、僕は鶴島和典さんに防府観光に連れて行ってもらえる事に成った。防府は歴史的にも古く、観光するにはとても良い場所であった。
 先ず行ったのは防府天満宮。防府天満宮は全国に3つある天満宮の一つで最も早く建てられた物で、菅原道真を祀ってあり、学問の神様として全国の受験生が合格祈願をすると言う。確かに絵馬には合格祈願とか書いてあった。日高相談役と巧建の従業員の方は大工なので、五重塔が作られる予定だった言う舞台の基礎や宮大工の釘を使わない建築物を丁寧に見て回っていた。その後はお茶会に連れて行って貰い、ド甘いお菓子と抹茶を初めて飲んだ。
 次に行ったのは国分寺と言うお寺だった。国分寺は発掘調査をやって80%元の材料を使って復元された物らしく、ここでも二人は興味津々でその経過が書いてあるのを丁寧に見て、その後下の土台を見ていた。仕事熱心であり、マニアックである。僕は国宝にも成って居ると言う銅像を見ていたが、仏と多分中国から来た神様であろうか?ただの銅像と言うだけで薄気味悪かったので取り敢えず 、浄霊した。
 最後に毛利邸と毛利博物館に行ってきた。天皇陛下も泊まったと言う建物や毛利家に伝わる展示品をちょうど博物館館長が居て説明して貰った。毛利元就が家訓として残した「一つの矢なら折れるが、3つ矢ならば折れない。」のが印象的でこの地域の人の人柄も表しているような気がした。良く分からないが、古い物、歴史的な物に触れるとそのイメージを思い思いに描く。タイムスリップをして居るような感覚になる。
 その後、一志さんと合流してバイキングランチに行った。今日も和典さんにお世話に成りっぱなしだった。色々と気遣い下さるのがとても有難く、心が安まる時間を送る事が出来た。
  1. 2007/07/10(火) 23:53:38|
  2. 会社|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ビームライトアキュミュレータ工事二日目

 2,007年7月9日(月)
 朝起きて、一志さん、日高相談役、、一志さんの所の従業員の人と一緒に朝飯を食べてみた。、一志さんは便も出なく不調、毎日全身骨格調整を続けているが、追いつかない。館長みどりちゃんの言う事を聞いて今日から水分をあまり摂らないで行くと言っていた。
 曇り模様で雨が降ったり止んだりだったが、コンクリートを入れる時間になったら不思議と雨が止んだ。コンクリートも無事に入り、ひとまず安心した。日高相談役が作る型枠は、ばっちり角度も出て絶妙であり、出来映えが楽しみである。
 鶴島の和典さんとお昼はブルーシートを引いて昼食。もてなして戴き、楽しい一時。
 夜は、ホテルのレストランで食事をしてから、一志さんは、水気抜きの為に参加されなかったが、麒麟会。麒麟ビールを一ケース日高さんが麒麟を買って来てくれたのでホテルの冷蔵庫は薬箱に成った。麒麟会で聖士會館の話は尽きない。
 
  1. 2007/07/09(月) 23:57:30|
  2. 会社|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ビームライトアキュミュレータ工事初日

 2,007年7月8日(日)
 昨日寝付けずに早く起きた。現場に行って先ず養生シートを貼り、直ぐにコンクリートのはつり作業が始まった。べた基礎のコンクリートは簡単にめくれ、穴掘り作業に入った。機械が入らないので手で掘っては、土を運ぶ。土を運ぶ時に脇を締めると力を使わずして運べる。トラックにはつった残骸を積む時は言霊を使った。「う」と言うと丹田に力が入って、楽に積み上げられた。
 夜は、みんなでラーメン屋に行った後に僕の部屋で宴会。一志さんみどりちゃんにメールをしたら、「飲んじゃったら腰痛は治らないわよ。」と返事が返ってきた。何でもお見通しと言った感じで反省されていた。22時を過ぎて神霊学研究会 特別講座の最後の神霊治療を佐久間さんから電話をしてもらい、みんなで受けさせて貰った。遠くに居ても受けさせて貰える輝きの光、有難い。
  1. 2007/07/08(日) 23:17:47|
  2. 武道空手|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

七夕

 2,007年7月7日(土)
 光ちゃん、お誕生日御目出度う!七夕生まれはなんだか格好良い♪
 昨日の夜からズッちゃんと共にSARAで次のチラシを作った.
SARAは浄化された空間か、隣を見るとずっちゃんは寝ていた。ズッちゃんの一生懸命な姿は本当に有難い。僕もそのまま床で寝ていた。
 朝、社長とカー君に挨拶をして、山口県であるビームライトアキュミュレータの工事を手伝うので、SARAから直接、出張させて貰った。全く強引な決断で色々な人に迷惑をかける思いがある。どうなるか分からないが、自分が選んだ道であり、責任を持ちたいとも思う。
 一志さん功建の従業員の人と日高相談役と新幹線に乗っていざ山口へ。山口に着いてそれから防府まで行って御施主さんの鶴島さんに迎えに来て貰い、現場を視察。夜は、みんなでとある日本料理屋に飲みに行った。
 その日本料理屋にはアサヒしかビールがなくて日高相談役が「山口には麒麟は居ません。」とメールをしたら、館長から「シマウマがいっぱいか?」と返信が帰って来た。謎解きをしていたら、日高相談役のTシャツが縞々である事に気付いた。どうやら館長はこちらに見に来ていたのではないかと思った。 
  1. 2007/07/07(土) 23:45:56|
  2. 会社|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

誕生日記念

 2,007年7月6日(金)
 もえちゃんズッちゃん誕生日おめでとう!
 空手の稽古は本部で癌治療の患者さんが居るので、みんな集まるのが遅い。
 終盤にみんな来てから、佐久間さんのアイデアでズッちゃんに瓦を割ってもらう事にした。結局一枚ずつしか割れなかったが、昇段試験の時より進歩されていた。もえちゃんも飛び蹴りで見事に板を割った。佐久間さんらしい良い誕生日プレゼントだと思った。
 
 
  1. 2007/07/06(金) 23:58:40|
  2. 武道空手|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

戦略

 2,007年7月5日(木)
 昨日の夜は撃沈だったので、今日の朝はド陰性で身体が冷える。新しい広告をズッちゃんのアドバイスをもらいもう一度見直しした。元H百貨店の定員だったズッちゃんはご助言も的確で主婦の目から見る値段設定やお得感は厳しい。はっきりと「これはこうちゃう?」と大阪弁も拍車をかけて説得力があるから凄い。
 その広告を生かした戦略を立てたいが、右も左も分からない状態。待ちの接客は思う以上にストレスを感じて仕舞う。
 夜本部に寄ると館長や癌患者さん達は、居無く成っていた後だったが、みんなが集まってホッとする一時。その後僕とカー君は三吉宅で麒麟会。
  1. 2007/07/05(木) 23:17:55|
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

 2,007年7月4日(水)
 朝までかかってずっちゃん♪が作ってくれたチラシを早速印刷した。
 SARAには今日も岩盤浴に入りに本部から癌患者さんが訪れてくれた。本部の癌患者さんは3人居て、本部に来た時の症状は重い人ばかりで、医者にあきらめられたとかどうしようも無くなって来る人ばかりだ。普通の治療院ならそんな重い症状の人は、門前払いか来てもどうしようも無いのだろが、聖士会館は全く違う。医者は、診てはくれるが結局は治療をしてくれない。治療とはどんなものなのか、どれだけの決意と思いで館長をはじめスタッフの方々がやっているかを考えると本当に凄いと思う。聖士会館はそのような思いの人達の集まりなのだと思う。
 夜は治療を終えられたスタッフとご一緒させて戴き、麒麟会♪定例メンバーに加わりつつある伊藤さんは神霊治療があるからカー君は就職試験があるからと早めの帰宅。真面目な人たちだ。最後は叔久さんと二人になった。
 
  1. 2007/07/04(水) 23:44:15|
  2. 武道空手|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チラシ作り

 2、007年7月3日(火)
 市場の厳しい豊橋では、値段が高いと言うので振るいに掛けられてしまう。良い物をお客様に伝えたいと言う気持ち、常にお客様の事を考える努力は怠ってはならない。日曜日のカウンセリングを生かし、ずっちゃん♪が策を考えてくれていた。
 お昼は定休日だが、本部の癌患者さんにとっては一刻を争っている。聖士会館の本部がそうであるように、少しでも楽になれば良いと思う。SARAは、聖士会館の人達で溢れた。仲間が集まる場所と言うのは素晴らしい。
 空手道の稽古では、無心でサンドバッグを蹴っている時が、気持ち良い。本部で癌治療で遅れてしまった館長やずっちゃん♪やかもさんが来たが、SARAのチラシを総本部で作ってくれる事になり、館長の後をついて総本部へ行った。館長がテクニカルコースと言う縦横無尽の道を音がボーボー言う真っ赤なスポーツタイプのコンパクトカーで走り抜けるがとても付いていける物ではない。
 総本部ではずっちゃんが頑張ってくれた。眠らせてもらい、朝になった。ずっちゃん♪の健闘の末、見栄えの良いチラシが出来ていた。ちゃんと辻褄があってくるから素晴らしい。
  1. 2007/07/03(火) 22:23:54|
  2. 武道空手|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

環境一新

 2,007年7月2日(月)
 昨日よりもスッキリした気分でSARAに出勤した。
 SARAでは7月に入ってからお客の数が減った。30%引きの期間が終わった為だと思われるが、豊橋の市場は非常にシビアである。
 本部に最近は煙草吸う為にさぼりにお邪魔させて貰うが、部屋が広くなっていた。相談役の奥さんが集中的に片付けたらしい。要る物も要らない物も「私が捨てるから」と言って色々と捨てたらしい。このような客観的に見る人の意見と言うのも聞き入れると環境は一新するのを知った。
 
 
 
  1. 2007/07/02(月) 16:58:33|
  2. 武道空手|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

SARAの排毒効果

 2,007年7月1日(日)
 SARAには連日、聖士會館本部から癌患者さんが来て排毒をされた。秋田の玉川温泉に排毒が匹敵するのではないかと思われる程に毒出しが凄いらしい。これは、正しくビームライトプログラムの御陰である。
 夜本部にお邪魔すると館長、日高相談役、一志さん達が出張を終えて帰って来られ、本部でそのまま麒麟会を行っていた。次々と人が来て聖士會館SARAに関わったメンバーが殆ど集まってくれた。そこで、今の問題点とどうやってやって行くのかを小島相談役を中心にし、話し合ってくれた。
 自分は店長としての自分が決める任務、仕事に対する葛藤があり、心に余裕があまりない。色々な人生経験を元に色々な展開を考えられる事が分かったし、今何をすべきなのかが一番重要なのだと思った。
  1. 2007/07/01(日) 23:32:09|
  2. 会社|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
合計
無料カウンター
本日

昨日

画像掲示板メル友大阪 風俗出会い系サイト無料 出会い出会い系サイト同人 ダウンロード

お得なポイント貯まる!ECナビ


フルーツメール
無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱

三吉

  • 作者:三吉
  •  聖士會館を知ってから、気付きや気遣いについて学ぶ事が出来、考え方が少しずつ変化しています。

     自分にとって聖士會館がただ単に空手道を学ぶと言う所と言うだけではなく、大きく人生を好転させる切っ掛けを与えて貰 った所でもあります。

     夢を持ち、真実の武道、真実の医術を伝えたい!聖士會館空手道、医術をを生涯の学舎として人生の記録を残していきたいです。

    聖士會館の言葉をお借りして

     『肉体は大宇宙と調和し一体となり、魂は超神霊を追い求めて』を人生の最大の目標として大宇宙の仕組みや秩序を理解し、無限なる心の容量を増やして行きたい...

  • RSS
06 | 2007/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。