三吉の聖士會館日記『聖士會館を通して学んだ出来事、日々の出来事』

 聖士會館の医術、武道を学舎とし真実を追求したい。夢を持ち、自分の成長と人生の記録としてこの日記を書いて行きたい。
 『肉体は大宇宙と調和し一体となり、魂は超神霊を追い求めて』が人生の最大の目標として...

2,004年10月以降は此処から

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

宝塚講座

 2006年9月30日(土)
 京都支部ではゆっくりと時間が流れる気がする。朝起きたら、11時半で大変な時間だった。それにしても兵道さんがあの儘仕事に行くから凄い!
 急いでシャワーを浴びさせて貰い、宝塚へ向かった。大阪梅田駅は相変わらず人が多い。ズッちゃんと待ち合わせしたが、流石マイペースだった。10時の店の開店にお母さんと待ち合わせたらしいが、ズッちゃん時間もゆっくり流れて居る。
 宝塚に着き、湯上さんとももっちさんにお会いし、ビームライト講座、神霊学講座と進んで行った。そこでもみどりちゃんのお話が出て、色々な人の意見を聞く事が出来た。それでも心は一つである。
 新幹線に飛び乗り、豊橋に帰って来て館長に薬を戴き、小林さんが麒麟会の準備をして研究発表会の前夜祭と成った。
倒れるまで飲んだ。
スポンサーサイト
  1. 2006/09/30(土) 12:33:56|
  2. 武道空手|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

京都出稽古

 2006年9月29日(金)
 仕事を終え、その儘電車に飛び乗って館長ズッちゃんと待ち合わせをし、豊橋駅で新幹線に乗った。
 京都の稽古には勝さんの車で移動。前に来た時と比べて大夫涼しくなっていて嬉しい。稽古では四方投げの基本と崩しの基本を教わった。館長から細かい指導を受けて、大変為になった。
 夜のビームライトは何時もより早めに始まったが、【ビームライト波動転送装置】は超加速しているので、伝え切るのに時間が掛かった。ズッちゃんの指導は分かり易かったので、復習に丁度良かった。
 その夜は、長く兵道さんと共に5時まで飲んでいた。
  1. 2006/09/29(金) 12:26:14|
  2. 武道空手|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

麻婆豆腐

 2006年9月28日(木)
 会社帰りに買い物をして明男さんが家に寄ると言うので麻婆豆腐を作った。豆板醤と甜麺醤を買ったので使いたかったのもあるが、肉の代わりに大豆を潰して炒め、作ってみた。男の料理で大雑把だが明男さんは腹一杯に成りつつも食べてくれた。一楽飯店のような味は出ないものだ。
 明男さんはみんなの日記のwebサーフィン、がんこさんが描いたみどりちゃんのイラストを見て、二人で絶賛した。
 霊界に吸収されず、みどりちゃんが現界に長く居られますように!
  1. 2006/09/28(木) 12:26:19|
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

月下美人

 2006年9月27日(水)
 研究会講座に本部に行くなり【トースト】のママさんが居て、月下美人を館長にプレゼントしていた。その花は、一年で一回しか咲かず、夜だけ花開くと言う。
 その花は此方の話しを聞いているのか、その話題について話して居るとどんどんと開いて行った。花を支える茎も段々と上がって行き、若干上向きに成った。館長は高性能のデジカメで開く様子を撮って行った。まさしく美人の花で花言葉は、儚い美、儚い恋、繊細とか言う意味らしい。確かに一日だけしか咲かないなんて儚い。
 今日の治療の指導では、前に遣った物の改良版を教わった。一寸した気遣いの工夫で効果が増す方法を考えられるから、館長は凄い。
 24時位に叔久さんがみえた。叔久さんみどりちゃんに思いを寄せてくれて居る。
 
  1. 2006/09/27(水) 12:22:25|
  2. 講座|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宿題

 2006年9月26日(火)
 会社でトラブルで呼ばれる回数が少なく成って来たが、会議に出ると山程宿題を出される。小学生、中学生に比べると量的には少ないのかも知れないが、中々答えを出せない宿題は大変である。最近の小学生・中学生は宿題をやり、塾を行っても宿題を出されると言う。それでも授業時間が少ない為なのか、毎年同じテストをやっても平均点が下がっていると聞く。勉強も興味を持ってすれば面白い物であると思うが、先生が興味を湧かせるのが昔に比べて劣っているのかも知れない。先生と言う職業も更新でふるい落とし?試験を導入されると聞いた。大変だが、研究している先生は何とも思わない筈だし、教師に宿題を出す人が余り居ないのだから、良い事なのかも知れない。
 稽古では捌き崩し極めの稽古に重点を置いた。出来たつもりでも人が変われば、出来なくなる時がある。此では出来て居ないと同じである。四方投げも館長から言われる事は以前に聞いた事がある事が多い。基本が出来て居ないとそうなるのだと思う。
 久し振りに地元の連れと妹達に電話した。みんなみどりちゃんを知って居る。みんなも祈ってくれると言う。本当に有難たい!兎に角、やれる事は形振り構わず全てやろうと思う。
  1. 2006/09/26(火) 23:23:13|
  2. 武道空手|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

仕事帰りに

 2006年9月25日(月)
 今日も忙しい日だった。上司にメーカーさんに苦言を言う様に言われ、電話した。こう言う事を繰り返して居ると何か起こした時に誰も助けてくれない気がする。後でメーカーさんが来て、謝りに来たが、自分も後で個人的に謝った。どちらも生活をして居なければ成らないが、矢張りお互いに気を遣い、気持ち良く仕事をしたい物だと思う。
 買い物をし、家に帰ったら、明男さんが僕のアパートの前に既に居た。約束していたが、何時も通り、時間には正確な人だ。丸中食堂で食事して、聖士會館のみんなの話しをした。明男さんはお疲れの様子だったので、全身骨格調整をしてあげた。膝痛は取れたが、片・首ががちがちで中々入らなかった。聖士會館オイルを塗ったら、緩んで片方だけ入った。色々な治療法を勉強させて貰うが、その人にとって一番あった治療法を見付けてあげる事も見立て同様に難しい。
 ミドリちゃんを思う気持ちは明男さんも変わらず、何回もミドリちゃんのホームページを開いて見た。お祈りするしかない...
  1. 2006/09/25(月) 23:26:00|
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

心は一つ

 2006年9月24日(日)
 夜から神霊学研究会 特別講座「神霊治療6」を受講させて戴いた。講座では小林さんの夢の中での霊界探訪のお話は、自分達にも切っ掛けを与えてくれそうに思う。
 館長からは、霊格が低いと視野が狭いと言うお話があり、現界、霊界に限らず霊格向上させ視野を広げる事が大事と仰った。
 実技では驚く程身体が軽くなり、肘も曲がるようになった。飲み過ぎで冷えていた身体が段々と温かくなるのが分かった。
 講座後の麒麟会、ミドリちゃんへの想いを会員のみんなで話し合った。みんなの話しを聞いている内、感動が極まって行った。心は一つ、神様に通じる事を信じて、ミドリちゃんを霊界の中に吸収されないように祈るしかない。一般の人でもミドリちゃんの日記を読んで勇気を与えられた人、感動を貰った人は沢山居る筈だと思う。少しでも気持ちがあるなら祈って欲しいと思う。
  1. 2006/09/24(日) 12:33:58|
  2. 講座|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ミドリちゃん

 2006年9月24日(日)
 ミドリちゃんは、何時も聖士會館の事を支え、会員のみんなを光に包んでくれる。ミドリちゃん、貴方は僕にとっても聖士會館のみんなにとっても此からも必要な方です。
 聖士會館の人達は、心を一つにしてミドリちゃんが現界に居られますように、お祈りしましょう。
 又、この日記を読んだ人、ミドリちゃんの日記を読んで勇気を与えられた人、少しでも心のある人はどうか祈って下さい。
 どうか神様、ミドリちゃんを霊界に連れて行かないで下さい!
  1. 2006/09/24(日) 07:40:57|
  2. 武道空手|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

轆轤回し

 2006年9月23日(土)
 今日は朝から浩さん奈津子さんかもさん、土屋さん、明男さん佐久間さんとのでみんなで叔久さんの居る磁器工房に磁器作りを体験しに行った。
 行ったら所狭しと綺麗な器が並べられて居り感激する。パイプスタンドは手捻りでビールのピッチャーの様な大ジョッキは轆轤で回して叔久さんに手伝って貰って作った。途中で一志さんも来て、七輪を囲んで麒麟会。女性の人が御握りを握って来てくれ、天気に恵まれピクニック気分で楽しい一時と成った。
 叔久さん、車を出して戴き取り纏めて貰った赤川さんご夫妻、参加者の皆様、有難う御座いました!
 
  1. 2006/09/23(土) 23:05:56|
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宇宙の法則

 2006年9月22日(金)
 秋らしい天気、長袖の人が多くなった。
 今日の空手の稽古での館長からの実技指導は、毎回思うが本当に為になる。
 捌き崩しの基本の全ては中心力をどう保つかが重要で相手の中心力を崩す事に主とする。佐久間さんと四方投げの稽古をして、出来て居た筈の技が出来なく成った。こんな時に基本を思い出すと必ず何処かが違って居る。
 館長と同じように捌き崩し極めを行っているつもりが、同じを技を掛けるも相手は崩れない。此には実は秘密があった。簡単な事なのだが、それを自らは中々身を持って気付く事が出来ない。物理学、絶対的な法則(宇宙の法則)が其処には隠されている。
  1. 2006/09/22(金) 23:59:05|
  2. 武道空手|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

名古屋弁

 2006年9月21日(木)
 会社帰りに孝世さん宅へ寄って【G-mail】の設定をした。館長に教わった様に、そのメールに自分のイラストを付ける事が出来るので、アドレス帳の名前にカーソルを持って行くとポップアップが出るのも設定した。ポッと絵が出ると何か嬉しい。息子のたっちゅ君は、病気も完全に治って元気、カーソルを一緒に叩いて段々と慣れて来た。晩ご飯も戴いてすっかり寛いだ。
 それから、名古屋コンビの洗濯爺さんと宮下さとみさんがホームページの作成の為に自宅に遣って来た。家に名古屋弁が延々とこだまする。館長の言葉「分からなければ、何度でも教えて遣れば良いんだ!」と言う言葉を思い出して指導。相手がパニック状態になるとこっちまでパニック状態になって仕舞うが、冷静に取っ掛かりの問題も大した事のない筈なのに、ホント大変だった。
 
  1. 2006/09/21(木) 12:24:10|
  2. 講座|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

出産の技術

 2006年9月20日(水)
 今日の研究会の講義では、出産について教わった。その講義の内容は濃く、勉強になった。
 乳製品や動物性蛋白質の摂っている人は、自分で産むのが可成り危険なので病院に行って貰った方が良い。
 陣痛が5分毎に来たら、牛蒡の摺り卸汁を飲む事、赤ちゃんが生まれてから、臍の緒は折って上を向け糸で縛っておけばその儘自然に取れて来るなど全てが理に適って居る。
 赤ちゃんが息をして居ない場合、逆さにして背中を叩き、切迫早産の時には、黒胡麻で出血を止める。赤ちゃんが出てこない時はお腹をさすり、上から下の方に押したり、首に臍の緒が巻き付いたら牛蒡の汁を飲ます事などの応急についても教わった。
 赤ちゃんが生まれ、お母さんは出血多量なので梅醤油番茶んの陽性で子宮を締め、血液を作る元を摂る事、そして、全身骨格調整を続ければ直ぐにお母さんも復活すると言う。
 昔は病院も無く、それでも赤ちゃんは生まれているだから、自然の理に適った方法で出産していたのだと気付かされる。産婦人科も結局は西洋医の端くれで、産まれて直ぐに初乳を与えずに、赤ちゃんを弱くするためにミルクを与える。そして、一生の万薬になると言う臍の緒も処理にお金がいるからと懐に入れ、薬剤メーカーにも高額で売ると言う現実を聞くと呆れて物も言えない。益々西洋医が嫌いになった。
  1. 2006/09/20(水) 23:21:44|
  2. 講座|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

基本の基本

 2006年9月19日(火)
 9月も終盤なのに未だ暑い。
 今日の稽古では、基本の基本の四方投げの指導が館長からあった。
 館長の実技では、一切中心軸がぶれないし、動いている距離は短く、人に触っている時間も少ない。無駄な動きが一切ないのだと思う。唯唖然として仕舞うが、基本を追求すれば、館長の様な動きが出来る様になると館長は仰る。
 聖士會館で武術を習わせて戴き、どんな時も基本、一歩道場から出ても、どんな事に対しても基本であると言う事を教えて戴く。困った時、迷った時、、基本を疎かにした怠惰を反省し、基本に立ち返る事の大事さを何時も心に持って居れば道は開けるのだと思う。
  1. 2006/09/19(火) 23:22:32|
  2. 武道空手|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

立ち飲み・立ち食い

 2006年9月18日(月)
 今日は京都出張で心配して居た台風は、上の方に抜けて雨には当たらずに済んだ。駅に着いて20分程歩くのだが、慣れない革靴に直射日光、着いた先で通された部屋はクーラーが利いて無くて鍛えられた。
 仕事も順調に進んだが、二日酔いがきつく、内臓が下がって居た。帰りは部長と二人で新幹線を立って帰った。ビールを御馳走になったが、立ち飲み状態で何も摂らずに飲んだので胃にぐっと来た。名古屋に着いて乗り継ぎが悪くて、豊橋までのこだまが来るまで時間があった。行き先は違う部長だったが、立ち食いのきしめんを誘われた。電車の時間まで時間があったので、付き合ってくれたのだと思う。そんな気遣いが嬉しかった。それにしても立ち飲み・立ち食いの日だった。
  1. 2006/09/18(月) 23:22:32|
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

特別講座

 2006年9月17日(日)
 昼前は小林さんもえちゃんと特別稽古に励んだ。上段回し蹴りだけの5本蹴りを行い、股関節が痙りそうになった。
 もえちゃんは稽古をお母さんと待ち合わせ。小林さんに神霊治療を施霊して貰い、気持ち良くなった。御陰で大夫肘の様子も良い。
 明男さんと洗濯爺さんとで一楽飯店に伺った。メチャ忙しそうでお店は満員だった。美味い、本物が分かる人は結構いると思った。
 その後、身体研究会の実技を受けさせて貰う為に本部へ伺った。本部忙しく、館長が次から次へと患者さんを調整し、みんなすっきりして帰られる。孝代さんの息子、樹君にも治療をして赤ちゃんの施術するのも大きい人でも基本の調整法は一緒なのだと気付いた。見ているだけ色々な勉強させてもらった。
 その儘特別講座に入り、実験体にして貰って又又肘の調子が良くなった。
 講座が終わり、赤川さん宅に伺い、ホームページの設定をやった。雨の中、べっちさんに送って貰い有り難かった。色々な人の手助けに因り成りって居ると痛感して居る。
  1. 2006/09/17(日) 23:38:14|
  2. 武道空手|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

市電

 2006年9月16日(土)
 朝になったら、足が腫れて重い。自由組み手での防御が甘く飲んだので腫れ上がって仕舞う。
 足を引きずりバイト先へ。バイト先のオーナーに【波動転送装置】について御願いされて居たので、先週習った技術を書いてあげていたら、自己浄霊する時に目を瞑って周りの景色が変わると言っていた。益々【波動転送装置】の技術は加速している。
 バイトを終え、本部に身体研究会の昇段級試験を受審させて貰いに伺った。稽古生も居てみんなで筆記を受けた。講座の時間に成ったので酔い覚ましで家まで走って帰って一っ風呂浴びた。そして又、麒麟会に参加させて貰いに本部に行く為に市電に乗った。国道一号線のど真ん中を通っている市電、何か豊橋らしい発想だと思う。
 
  1. 2006/09/16(土) 23:29:36|
  2. 講座|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

1万カウント

 2006年9月15日(金)
 空手道の稽古では、捌き崩しに熱が入る。どうしても中心力が保てないので、技を掛ける時に自分が崩れて仕舞う。
 家に帰り、飲んでいたら叔久さんからメールがあり、1万カウントを突破したとあった。祝福のメールがとても嬉しかった。
 
  1. 2006/09/15(金) 23:21:52|
  2. 武道空手|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

反省の小雨

 2006年9月14日(木)
 叔久さんと爆睡で朝起きたら大変な時間に成っていた。フレックスだからと言って約1時間半遅刻したら開き直って会社を休もうかと思った。叔久さん赤川さん達と約束していたらしく、二人で慌てて本部を出た。反省の小雨に打たれながら、バイクで通勤した。
 昨日飲んだ【ライフファクリー】と【フコイダン】の御陰だと思うが、意外と元気でハイテンションで終了時間になった。会社帰りに久し振りに一楽飯店に行ってラーメンを食べた。何回食べても矢張り絶品だった。
 明日の出張が業者の都合で来週の月曜日になって仕舞った。折角京都支部での出稽古を楽しみにしていたのに残念だった。京都支部の方々を振り回すようで申し訳なかった。
  1. 2006/09/14(木) 23:33:44|
  2. 武道空手|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

デンキブラン

 2006年9月13日(水)
 秋雨が涼しくて気持ちが良い。それでも蚊は未だ飛んでいるので、未だ夏が終わっていない気がする。
 ぷっちーさんがんこさんの日記に後3ヶ月と少しで次の年に成ると書いてあって、時間の流れの速さに吃驚する。
 研究会では、神霊治療の加速バージョンを御講義戴いた。飲み過ぎで可動範囲が狭くなった肘は治療の終わり頃には、大夫動きが良くなった。
 講座が終わって麒麟会、赤川さんご夫婦がホームページの新しいページ開設の御指導を館長から受けていた。それにしても、館長のマウスを持つ手は早業で、正確に無駄の無い動きをし、あっという間にロゴとバナーを作って仕舞った。
 薬(ビール)も薬箱(冷蔵庫)から無くなって来た頃合いで、「デンキブラン」と言う薬のような琥珀色のアルコールを館長に勧められて飲んだ。胃がぐっと絞まって、決して美味いとは言い難かったが、叔久さんと一瓶空けた。後から、館長が【ライフファクリー】と【フコイダン】を持って来てくれた。助かった~♪
  1. 2006/09/13(水) 23:24:36|
  2. 講座|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

基本

 2006年9月12日(火)
 雲行きが怪しい天気、それでも大夫涼しくなった。
 電気屋が部署で一人だからと段々と仕事が蓄積してきた。だらだらと会議をして居ると段々苛々してきて仕舞う。そんな事よりも大切な事があると思うが。ある会社の会議は土曜日に行うと聞いた事がある。
 その御陰で昼間の会議で昼間やろうと思っていた事がその儘シフトされ遅くなった。なんて能率が悪いんだと思って仕舞う。
 空手道の稽古では、捌き崩しで基本に返った。それにしても基本を忘れて居る。こんなでは何にも役に立たない。どんな事をやっても基本だけは疎かにしてはいけない。
  1. 2006/09/12(火) 23:59:57|
  2. 武道空手|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

慌てず、騒がず

 2006年9月11日(月)
 朝起きたら、ズッちゃんかもさんも寝ていた。ズッちゃんは、明男さんから電話やメールやら沢山来ていたようだったが、「御飯を作って又来るね♪」なんて言っていた。今日は仕事の筈では無かったと思ったが、何時も落ち着いている。かもさんは何時の間にか着替えて出勤の準備をしていた。「お気楽が羨ましいね。」と言っていた。ズッちゃんを待っていたが、限界の時間になり、出勤した。8時半位に本部に又来たらしい。どうやら仕事は個人ストらしい、全く素晴らし過ぎる...
 今日一日眠い日だった。それにしても暑さが厳しい。家に帰って走りに行ってご飯を食べたら爆睡していた。
  1. 2006/09/11(月) 23:26:26|
  2. 武道空手|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

9月一条の光、神霊学身体研究会

 2006年9月10日(日)
 本部で起きた時にはラムさんしか居らなくて、朝挨拶をして又2度寝した。今日は午後から休日出勤だったので、午前中は本部道場に早めに行って特別稽古をさせて貰い、風呂に入って通勤した。
 仕事は休みなので誰も居なくて、ノイズが入らない為か集中出来る。明日分まで仕上げたので、明日は他の事が出来ると思う。
 研究会にはその儘出席した。今日の講座では【波動転送装置】の新しい技術を教わった。何時までも加速的に進化する【波動転送装置】の技術は本当に凄い。ホームページを見ている地元の連れが【波動転送装置】送れと言ってきているが、進化し過ぎて使いこなせるか心配だ。館長にお断りをして、【波動転送装置】を送る許可を戴いたので送ろうかと思う。
 身体研究会では、脱臼の治療の実験体にして貰い、館長をはじめ研究会のメンバーの方々に治療しまくって戴いた。今回の治療で大夫、肘が曲がるように成って来た。勤め先の人間は、余りの回復に吃驚しているが、其の裏には此の様な治療をして戴いてるのを知る由も無い。説明をして、理解出来ない世界だと言われたが、回復に向かっているのだから、ただ純粋に本当に有難い事である。一般の人は盲目的に西洋医学一辺倒で命すら預けて仕舞うのだから、其れこそ理解出来ないと思う今日この頃だ。
  1. 2006/09/10(日) 22:41:36|
  2. 講座|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

第55回 光講座

 2006年9月9日(土)
 今日も目茶滅茶暑い日。秋の匂いが少しして来たと思ったら、又逆戻りの夏日になった。
 完全オフの為からか、起床が早い。昼間っから飲む麒麟ビールの味は最高で水替わりに飲んでしまった。スペシャルドリンクも無効に成って仕舞うかも知れ無い…
 午後から洗濯日和、布団干し日和で日向ぼっことは行かない位暑かったが、物干しに専念した。
 夜から第55回 光講座に出席した。館長から専門医学的なお話を聞かせて貰った。此も館長が最新の西洋医学も知り尽くして居るからこそ話せる内容だと思う。新しいような医学の展開は、実は聖士會館からではないかと思える程、内容は濃い。其れを一般の講座で聴講する事が出来るのは幸せな事である。
 光講座の後、研究会の昇段級試験に筆記試験を同期のかもさんずっちゃんと一緒に受けた。館長の予想通り簡単には書けない内容でみんな悪戦苦闘した。
  1. 2006/09/09(土) 22:31:43|
  2. 講座|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

スペシャルドリンク

 2006年9月8日(金)
 最近、自分の脱臼治療の為に飲んでいるスペシャルドリンクがある。内容は、先ず杉菜茶かマタタビ茶を沸かし、其の御茶で梅醤油番茶を作る。そして、別のフライパンで黒胡麻に少々の塩を入れて焙煎し、作った梅醤油番茶に入れる。大根を擦り大根卸にして、鶴島さんの生姜末と、小林さんに肖って、コッコーとヤンノーの粉を少々入れる。極めつけは、【フコイダン】も入れ、【ライフファクトリー】とスピルリナを瓶から出ただけ薬の様に飲む。黒胡麻は生でバクバク食べていたが、みんなに笑われた。炒ってみると香ばしくて10倍位美味しかった。
 稽古では捌き崩しの新展開の続きを行った。中心力の争奪戦は相手との間合いに因って決まる事が分かった。
  1. 2006/09/08(金) 22:21:31|
  2. 武道空手|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

【ライフファクトリー】と【フコイダン】の恩恵

 2006年9月7日(木)
 サラリーマンは朝が辛い。寝不足状態で通勤、信号待ちで寝て仕舞った。気を取り直して運転する。朝バタバタとして、【ライフファクリー】と【フコイダン】を飲むのを忘れて仕舞った。何時も午前中には復活する筈が全然駄目だった。こんな事ならば飲んでおけば良かったと後悔するも後の祭り。寝不足も祟って帰りに眠たすぎて仮眠した。、【ライフファクリー】と【フコイダン】の恩恵に与っているのをまざまざと感じた日だった。
 帰宅してから、昨日の館長の麒麟会でのお話を思い出した。基本、立った状態でやる基本が全てであり、研究するのは基本技である事を。
  1. 2006/09/07(木) 23:27:46|
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

リンパ

 2006年9月6日(水)
 こんな事で怒っても仕様がないのだが、僕の上司に怒れて仕舞った。ある仕事を忘れて居たらしく、その尻ぬぐいが僕に振り掛かって来た。優先順位が高いと言うので他の仕事をほっぽり出して取り掛かった。工場の生産の関係で中々上手く行かず、予想し得ないトラブルも発生、イライラして来た。会議ばかり出ている上司にその事を報告したら、明日でも良いと言う事を言った。何の為に残業してまで仕事を遣ったのか、腹が立って来た。温厚を目指したいのだが、一寸した事で怒れる僕も短気なのだと思う。そんな時自己浄霊をすると直ぐに反省出来る。
 研究会には御陰で大幅に遅刻して仕舞った。骨格調整の見直しで、丹田に力を込めるようにすると仙腸関節や羽交い締めの胸椎が入り易い事を教わった。そして自然に言霊を使えるようになると力を使わずして調整を行える。何気なく行っている様な調整にも一つ一つの細かい気遣いが隠されている館長の骨格調整は凄い!
 ズッちゃんが腎不全の一歩手前のような状態で足が可成り浮腫んでいた。象の足なんて馬鹿にして居たが、洒落に成らない程浮腫んでいる。其処で押し戻して鼠頸リンパ節に戻す操作を教わり、施したら直ぐに足が細くなった。西洋医学では全く気付く要素は無いと思うが、リンパの流れも鼠頸や腋窩のリンパ節に戻せば、強制的に腎臓が動いて行く事が分かった。ズッちゃんはお尻部に汗を掻いたと言うから戻って汗に成って居るに違いない。
 講座後の楽しい麒麟会、結局今夜は朝5時まで。
  1. 2006/09/06(水) 23:22:02|
  2. 武道空手|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

歴戦

 2006年9月5日(火)
 最近、会社で眠たくなる暇が無く成ってきた。偶に副交感神経が優位に立つ時がある。完全夜型人間なので忙しいと辛い。
 空手道の稽古、学校が始まったので少年部は早く帰った。稽古の中で自由組み手や実践を意識した捌き崩しを行った。館長の華麗な捌き崩しを見せて貰い、どんな時にでも対応出来る柔軟性と歴戦が凄かったからこその技なのだと思った。
 どんな取り方をしても自在に方向に流れるように相手を崩して行く。実践から編み出される動きが一番無駄が無いように思う。
  1. 2006/09/05(火) 23:33:34|
  2. 武道空手|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

 2006年9月4日(月)
 昨日の夜は良く寝られた。本部で寝させて貰うと肘の痛みも少ない。
 大夫秋らしく成って来て、バイクで通勤の風が気持ちが良い。夕方、上海から戻って来た同僚が丸中食堂に行きたいと言うので、約束して丸中食堂へ行った。時間が経つのが早くて家に戻ると21時だった。
 最近肘が痛むのでビールを飲むのを辞めて、黒胡麻をダイレクトに食べ、炎症を抑える為に患部にアイシングしてみた。そして、腎臓の回収機能を上げるために本部で買った「マタタビ茶」を飲んだ。
 広辞苑を横にすると丁度良い枕の高さになるので、枕代わりにし、寝ている間の睡眠勉強法で広辞苑の内容が頭に入らないかなと馬鹿な事を考えている内に眠っていた。
  1. 2006/09/04(月) 23:30:29|
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

神霊学研究会 特別講座「神霊治療4」

 2006年9月3日(日)
 昨日の夜は肘が痛くて何度も起きた。完全に飲み過ぎ。
 朝は快調で先輩と南栄駅周辺を散歩した。やす子美容室は凄い人口密度で部員、マネージャー、OBと重なり合うように寝ていた。こんな光景は僕の時代には無かった気がする。笑えて仕舞った。
 午前中は特別稽古に参加。ピーちゃんもえちゃんは黙々と基本稽古に励んでいる。後からずっちゃんが定時(11時半過ぎ)に来られた。
 夕方から神霊学特別講座の受講の為に本部に向かった。小林さんの研究報告もあり、研究熱心さは流石で色々と教えて貰うのは有難い。
 館長はみんなに話しながら、実技を見せてくれるが、自分の肘が冷えて行き、温まって行くのが分かった。神霊治療のスペシャリストは、温度変化も自由自在であり、炎症を抑制して貰い、気持ちが良かった。自分の首に手が回る程、良くなった。終わって麒麟会、この一週間の蓄積か飲んで行く内に肘が痛み出して来た。館長に「手を上に上げてみなさい!」と言われ、上げてみると楽になった。活性酸素が発生し筋肉痛の様に痛くなるのを手を上に上げる事により、重力で上から下にリンパや血液が流れ、循環が良くなる。一寸した事なのだが、気付けなかった。研究会員として、一寸した事から気付く事が『気付き、気遣い』の第一歩なのだと思った。
  1. 2006/09/03(日) 23:57:19|
  2. 講座|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

大学のOB会

 2006年9月2日(土)
 日が変わって真夜中に同級生と先輩が来て、飲み会が始まった。今日の午後から大学のラグビー部のOB戦で横浜から高速を飛ばして抜き打ちテストのように遣って来た。麒麟会?が始まり、朝方まで飲んだ。
 午前中はバイトがあり、僕は彼らが寝ているのを見て出勤。午後から、OB戦を見に行った。暑くてラグビーなんて出来る天気では無かったが、みんな頑張っていた。
 その後は会計報告とレセプション、現役の学生が芸を披露して場を和ませた。こう言うので僕も鍛えられていたのかも知れないと思った。物怖じせずに出来る度胸は、中々慣れていないと出来るものでもない。
 終わって丸中食堂で二次会、試合に出た人は疲れて居る為か速攻で寝て仕舞った。OBのお金で只酒が飲める学生達は、弾けて居て下宿の前で寝ていた人も居た様だ。体育会の飲み会は質が悪い. . .
  1. 2006/09/02(土) 23:34:32|
  2. ラグビー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ
合計
無料カウンター
本日

昨日

画像掲示板メル友大阪 風俗出会い系サイト無料 出会い出会い系サイト同人 ダウンロード

お得なポイント貯まる!ECナビ


フルーツメール
無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱

三吉

  • 作者:三吉
  •  聖士會館を知ってから、気付きや気遣いについて学ぶ事が出来、考え方が少しずつ変化しています。

     自分にとって聖士會館がただ単に空手道を学ぶと言う所と言うだけではなく、大きく人生を好転させる切っ掛けを与えて貰 った所でもあります。

     夢を持ち、真実の武道、真実の医術を伝えたい!聖士會館空手道、医術をを生涯の学舎として人生の記録を残していきたいです。

    聖士會館の言葉をお借りして

     『肉体は大宇宙と調和し一体となり、魂は超神霊を追い求めて』を人生の最大の目標として大宇宙の仕組みや秩序を理解し、無限なる心の容量を増やして行きたい...

  • RSS
08 | 2006/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。