三吉の聖士會館日記『聖士會館を通して学んだ出来事、日々の出来事』
FC2ブログ

 聖士會館の医術、武道を学舎とし真実を追求したい。夢を持ち、自分の成長と人生の記録としてこの日記を書いて行きたい。
 『肉体は大宇宙と調和し一体となり、魂は超神霊を追い求めて』が人生の最大の目標として...

2,004年10月以降は此処から

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

神霊学研究会 中級講座

 2006年4月30日(日)
 午前中は小林さんと佐久間さんと道場で特別稽古をした。金曜日の稽古の内容を小林さんに伝えようとするのだが、中々思い出せずに四苦八苦した。館長は殆ど棒立ちで技を掛けていたように思うが、同じようにやったつもりでも中々倒れてくれなかった。まだまだ中心力が足らない。
 丸中食堂でみんなで食事、名古屋から洗濯爺さんも毎週のように特別稽古にいらっしゃる。今年は豊橋に来られる回数が多いと言って喜んでいた。
 中村典子さんがパンダのインストールの為に僕のアパートまで遣って来た。嵌って仕舞い、パソコンの調子がおかしく成って仕舞った。本部に行って館長に相談させて貰い、あと一踏ん張りの所まで来た。
 神霊学研究会中級講座では、何時もの様に為になるお話しを聞く事が出来た。何かした後の御礼を言う事、当然の事なのであるが、其れを忘れたり怠ったりする。自分に当て填る事が沢山あり、反省する。もう一回そう言う事を考え直さなければ行けないと思った。
 麒麟会には佐久間さんの会社のエドガーン・ケーシーを崇拝する専務がいらっしゃり歓談された。会社の事とか社長との意見の合わない所をご指摘され、吃驚されたに違いない。本当の能力者は何も聞かずに突然に言葉が出て来る。館長もその一人だが、佐久間さんの会社の専務は意を決して来たと思われ、エドガーン・ケーシーの事よりも自分の会社の未来について心配されて居たのではないかと思った。穏やかな顔と佐久間さんとは、つうかあのコンビではないかと思った。
スポンサーサイト
  1. 2006/04/30(日) 18:08:42|
  2. 講座|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

名文句:サラリーマンは朝が辛い!

 2006年4月29日(土)
 今日から大型連休に突入した。消防の訓練も実家に帰った事にして休ませて貰っている。余り豊橋をうろうろして、団員の人達に見つかって仕舞ったら一寸厄介である。
 昇級審査の為に本部に行ったが、休み中は本部は人で賑わっている。館長は休む暇もない程、動き回って居る。長期で休みなので遠くから患者が来られ、又、夜に講座とフルで動いて貰えるのは、本当に有難い事だ。
 夜の麒麟会にも又、参加させて戴いた。岐阜から小林さんも来ている。まるで豊橋に住んでいるかのように毎週会っている気がする。研究の成果の報告と自己向上の為に3時間半の道のりを来られるのには本当に尊敬して仕舞う。
 最近、館長が就寝される前やみんなが帰り際に「サラリーマンは朝が辛いで、わしは寝る(帰る)!」と言って帰って行く。この名文句は瓦町支部の四季夫さんが言っていてみんなに普及した。何だかこの一言が笑えて仕舞うが僕は言った事がないので、大体最後まで飲んで居ると言う事だろうか...
  1. 2006/04/29(土) 17:41:05|
  2. 講座|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

包丁の切れ

 2006年4月28日(金)
 本部の購入した包丁の切れが目茶苦茶良くて驚いて居る。今まで使っていた包丁は何だろうと言う程の鉄製の四角い包丁。何の変哲もない唯の包丁なのだが、職人が作るその技術が込められているのか本当に良く切れる。丸中食堂の女将さん曰く、切れる包丁で料理も上手いと言う程、料理には切れる包丁が必要だと思った。
 砥石で削って小さくなるまで使えると言うから凄い!
 空手の稽古では又、新展開があった。武器を持ちながら稽古すると同側同調の動きを知らずに遣っているので凄い。自分が同側同調の動きと反して動いて居たの凄く動き辛かった。
 捌き崩し極めの稽古では、抜きを追求して行けば行けるか知れ無いと言う希望の光が見えて来た。此からの稽古が楽しみだ!!              
  1. 2006/04/28(金) 23:48:59|
  2. 武道空手|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

冷や麦

 2006年4月27日(木)
 夕方、本部から購入した鶴島さんの冷や麦を戴いた。薬味にネギと生姜、胡麻に玉葱のスライスを入れて食べた。付け汁は太郎さんに教えて貰ったように山久の醤油をベースで少し味醂を少し入れて椎茸を出しにして煮た汁を作った。矢張り絶品!今年の夏も此に限る。
  1. 2006/04/27(木) 12:40:09|
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

見立て

 2006年4月26日(水)
 ついつい陽気に誘われて会社に居ると睡魔が襲って来る。そう言う時は余所事を考えたりして乗り切ろうとするが、机での単純作業ではそうは行かず、立ち仕事にしたりする。
 今日は研究会の日、研究会では見立てとその見立てからテーピングに因ってどのように貼れば愁訴が取れるかの研究。テーピングのポイントと言うのは、正に見立ての違いであり、僕が見た見立てと館長が見た見立てでは大きな違いがあり、全体的に症があると思ったので背中一杯にテープを貼る自分に対し、館長は尻に一枚貼っただけで愁訴が取れて仕舞った。
 この違いは、局所的な愁訴でも体全体にも血液循環が悪くなると思われるので、部分的に貼った事で愁訴が取れ、全体的に修復して仕舞ったと考えられる。真の原因を探らない限り、愁訴は完全には取れないんだと改めて感じた。
 麒麟会は本部にしては静かな空間で定例のように叔久さんが来て、丸中食堂の女将さんが差し入れしてくれ、知らずに時間が過ぎた。
  1. 2006/04/26(水) 12:58:01|
  2. 講座|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

中心力を高める

 2006年2月25日(火)
 空手道の稽古では、抜きの技術の新理論を教えて戴いた。人間の掴む方向と言うのは咄嗟にやると同じ方向、同じ様な手の位置を掴む。相手が手を掴んでも見計らったからの様に抜き手を行うと相手は翻弄する。
 そして天地投げの失敗した時の技術も教わった。それも特級で相手は倒れる方向に向いて居るので不思議である。
 中心力を高める為の閉足立ちで武器を振る稽古。武器を振り易い時と振り難い時がある。振り難い時、それは中心力が崩れて体が捻れていた。この稽古が終わると中心力が増し、蹴りを行うのでも体がぶれない事が分かった。
 稽古が終わり、聖士会館niftyのHPで総本部の所の館長が海で巻き波を切って上段前蹴りされている写真をダウンロードし、館長に待ち受けの壁紙に設定して貰った。壁紙にするとサイズも丁度で格好良い!
  1. 2006/04/25(火) 12:40:40|
  2. 武道空手|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

そらてぃー

 2006年4月26日(月)
 【ライフ ファクトリー】に【フコイダン】を忘れないように飲む生活が続いて居る。効き目は最高に良い。今日は本部に入ったばかりの【昆布末】に【フコイダン】を入れてお茶代わりに飲めば、調子が戻って来る。
 仕事を終え、家に帰って暫くして健司君夫妻が訪問された。そらてぃーのHPのメンテナンス。不具合が起こって居たのも未だ解消されない。何が原因か分からないので困って仕舞う。何とか休み始めには、原因解明をしたい。
  1. 2006/04/24(月) 12:40:31|
  2. 一口メモ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

神霊学研究会 特別講座『秩序7』

 2006年4月23日(日)
 朝起きると胃が調子悪い。本部に居る間は未だましであるが、車に乗って本部を離れて行くと顔面蒼白位に酷く成って行く。家に帰って味噌汁に【フコイダン】を入れて飲んだ。胃が段々上がって来るのが分かる。二日酔いにも素晴らしい効果を発揮してくれるか有り難い。
 本部道場に行くと小林さんも来ていたので今日は賑やかだった。移動基本の新しいメニューと抜きを稽古した。昨日のビールが汗と成って出て来て、段々絶好調に成って来た。
 佐久間さん明男さんも来て丸中食堂で御飯を食べた。あんぽんたんトリオの体質や性格を考えていたら明男さんは陽性、佐久間さんは陰性、僕は二人と比べると間なので中庸、そんな事にも当て嵌められる無双原理は面白い。
 プリンタを修理に出して電化製品の量販店を見ていたら、テレビとパソコンが一体となったテレパソが沢山並んでいる。地上デジタル放送は略して「地デジ」と言うらしいが、テレビ番組もハードディスクで管理する時代なのだと思った。
 神霊学研究会の特別講座では、ミドリ君事、小林さんが研究成果を発表してくれた。印象的だったのが、常に自己浄霊する事、何回も自己浄霊を繰り返すとそう言う状況に慣れて来るので癖にすると言う事を仰っていた。如何に黒い霊線を引っ張り続けて居るかを反省しなければ成らない。ミドリ君のホームページが出来るのが楽しみだ。
 山口社長から貰った名刺は温かく館長がプログラムを組んでくれたので聖天仁大神様のお札の様に霊流が引けると言う凄い名刺だ。受信機をロゴに設定すると言う閃きと温かい名刺なんて他に無いだろうと思った。みんなキャンディーをねだる子供のように手を出して山口社長の名刺を貰った。
 麒麟会では良いお話を沢山聞かせて貰って居る感覚があるのに殆ど覚えて居ない。麒麟会でもメモを取れば良かったと思った。
  1. 2006/04/23(日) 12:23:12|
  2. 講座|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「戴きます!」

 2006年4月22日(土)
 アルバイトが終わり、本部に寄らせて貰う。最近の土曜日の習慣に成りつつある。次から次にひっきりなしで患者さんが来られて館長はお忙しそうだった。患者さんが居なくなったのでお昼御飯に釜揚げ饂飩を御馳走になった。試験の為に来られたかもさんと岐阜から来た小林さん、そして太郎さんが料理してくれてみんなで食べた。家族のようでみんなで食べると余計に美味しい。
 それから、小林さんとホームページソフトの設定に僕のアパートに向かった。設定を何とか終え、一緒に銭湯に行った時の事、みどりちゃんの日記に書かれていたような【薔薇の精】と同じ様に桜や檜は霊流を出し続けており、その幅が大きいと言っていた。
 動物を食べる時の殺生の話になった。前に海に牡蠣を取りに行った時気付いたのがその生き物の命を取る事になる。だからそこで日本語には「戴きます!」と言う言葉を発っしたり、そう言う思いで食べると少しは罪は軽減されると言って居た。小林さんは研究をされ、その物や生き物の念の幅や霊流の幅が測れると言う能力が益々向上されているなと思った。
 今から、もう一度本部に御邪魔して麒麟会に参加させて貰う。至福の一時。
  1. 2006/04/22(土) 19:57:22|
  2. 講座|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

空手道昇級審査

 2006年4月21日(金)
 今日は昇級審査の日、会社も定時に成った瞬間に上がって来た。筆記試験、体力審査、倒立歩行、基本技、移動基本、形、自由組み手とどんどん進んで行った。普段の変わらずの平常心を保ちたい所なのだが、意気込んで仕舞い力が入って仕舞う。
 今回の昇級審査を通して基本技を最初から見直さなければならないなと思った。ずっちゃん館長から厳しくご指摘受けて居たが、自分にも言える所が沢山あった。基本技は何でこの動きなのか、形でもどんな動きをしながら如何に実戦に近づけるかを想像しなければ成らない。下段払いの金的をずらすなとか構えは棒立ちになるなとその儘実戦が基本には詰め込まれて居る。
 昇級審査が終わって稽古を続行したが、自由組み手のダメージで壁登りが何時もよりも出来なかった。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                n
 
  1. 2006/04/21(金) 18:10:00|
  2. 武道空手|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

【ライフファクトリー】と【フコイダン】

 2006年4月20日(木)
 本当に眠い一日だった。一つ気付いた事がある。一ヶ月位は前は毎日のように5時6時まで飲んでいて平気だった。それは【ライフファクトリー】と【フコイダン】を飲んで居たから修復機能が凄く、どんどんと回復させて居たに違いない。
 実は最近フコイダン】の袋を何処かに忘れ無くして仕舞い、【ライフファクトリー】飲むのを忘れて居た。物凄い恩恵を受けていたのだと思った。それにして御間抜け過ぎる。飲んで体を壊しては身も蓋も無いが、手放せない物に成りつつある。自分が悪い筈なのに、それでも体を修復して貰えるのは、本当に有難い。
  1. 2006/04/20(木) 16:45:28|
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

日高さんのお話

 2006年4月19日(水)
 今日の研究会では、見立てを指導してもらった。皮膚は内臓や筋肉、骨と密接に関わりあっているので、皮膚を上げたり下げたりするとその中にまで大いに影響を及ぼす。聖士會館の考え方だとテーピングに因って内臓を動かす事できると言うのは、本当に素晴らしい。
 館長は重傷の腰痛患者である日高さんを見事に愁訴を取って行く。座骨神経痛であれ、椎間板ヘルニアであれ、その病気や怪我になったのには何かしろ原因がある。それを取り除いてやれば当然のように愁訴は消滅して行く。如何に見立てが重要であるか勉強になった。
 終わって麒麟会、今日は日高さんの住んでいた鹿児島と沖縄の間の島の話になった。バナナが山になっているとか海で干してある魚を学校帰りに食べたとかワイルドな亜熱帯での生活は面白かった。日高さんの素朴で真面目なお人柄はそんな所からくるのかなと思った。
  1. 2006/04/19(水) 12:41:01|
  2. 講座|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

昇級審査前稽古

 2006年4月18日(火)
 昇級審査前の最後の空手の稽古の日、みんな気合いが入っている。今日は形の稽古を重点的にやった。這いや形の稽古と言うのは何となく似ていて、這いなら一歩一歩に気を遣い、形なら一つ一つの動作に気を遣う。
 足を高く上げるとか力強くと言う形もあるのだろうが、実戦の技の凝縮が形なのだと思う。だから、足が上がらなくなるほど疲れて仕舞う。一つ一つ見直して館長からご指摘戴くアドバイスは、何時も適確で自分では気付く事の出来ない物ばかりだと思う。
 基本や形などの稽古は地味であるが、一番辛く身になる稽古であると思う。
  1. 2006/04/18(火) 12:50:15|
  2. 武道空手|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

営業戦略

 2006年4月17日(月)
 会社では重要なお客さんが来るからと取って付けたように掃除を始めた。現場は混乱して居り、ブラジル人のオペレータは、「何で今頃に成って!」とぼやいている。確かに良く見せようとする為に普段やって居ない事を強要するので、ぼやきたくも成る。会釈をするようにと放送があり、其れも普段遣ってないのだから出来る筈もないなと思いつつも、営業戦略だからとその行為に巻き込まれると嘘をついているような気分になって良い気持ちがしなかった。
 真実と言うのは、耐震偽装の様に時としてばらされたりするが、世の中はそんな対面的、体裁的な事が多いのかも知れない。
 
  1. 2006/04/17(月) 12:53:40|
  2. 会社|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

地上デジタル放送

 2006年4月16日(日)
 午前中は特別稽古に行き、楠美家佐久間さん丸中食堂でのど自慢を見ながら昼食を摂る事に成った。明男さんも後から来て、のど自慢を見ながら、まるで自分達の知り合いが出ているような目で見る事が出来た。のど自慢が、その地元での一体感を生み、長く続いて居る理由が分かった気がした。
 其れから、プリンさんと先週買ったHDD内蔵のDVDレコーダーを取りに行き、アンテナを付ける為に総本部に伺った。ベランダから屋根に上ったが、ベランダの屋根代わりの波板に乗り、穴を開けて仕舞った。透明テープで補修したが、申し訳ない事をした。総本部の屋根を壊したなんて佐久間さんに言わせると「わや」だと言われるかも知れない。
 皿状のアンテナでデジタルな画像を集めると思うと何か不思議な気がするが、アナログとは全く違う画質の映像を見られるのに感動した。地上デジタル放送と言うが、何処までが地上なのか不思議だ。例えば、高層ビル群のテレビアンテナは上の方に付いて居れば電波を拾わないと言う事なのだろうか?其れとも地上なので土地の上は全て電波に張り巡らされて居るのだろうか?
  1. 2006/04/16(日) 12:22:23|
  2. 武道空手|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

のど自慢予選

 2006年4月15日(土)
 朝に明男さんが僕のアパートに車を置きに来た。聖士會館のメンバーは、応援に駆けつける為に朝早くから予選のあるアイプラザ豊橋に並んでくれて居る。本当に有り難い事だ。
 昨日、連絡があり僕のラグビーの後輩が妊娠した奥さんを連れて本番までの合間にやって来た。彼女は今全然立って居られないらしく、重傷だと思った。妊娠五ヶ月でお腹も可成り大きく成って来ていた。見ると仙骨があからさまに右側に上がって居る。それに伴い体全身が右側に捻れて居た。聞くと乳製品と牛乳をカルシウム摂取の為に医者から毎日の様に真面目に摂って来たらしい。後輩には乳製品の危険性を昔話した事が何回もあるのに、真面目に聞いてない。自分の説得力も無いのだが、此だけ馬鹿の一つ覚えの様に医者が乳製品を摂りなさいと言うのが本当に怒れて仕舞う。
 全身骨格調整と仙椎の3番4番をぎゅうぎゅうに押し込んだ。そして聖士會館オイルを施したら、仙腸関節がばきばき入った。バラコン運動をやって貰い骨がかくかく言う程ずれて居たが、二百回もやると歪みが取れて音がしなくなるからバラコン運動の素晴らしさを改めて感じた。
 そして、本部でやる治療のように犬歩きも指導したら、帰る頃には大夫歩けるようになった。わざわざ僕の所に来た事と終わって感謝されるのは本当に嬉しい事である。
 この後、直ぐにNHKの予選に向かった。受付を済ませ空手シスターズの姿が見えないので赤川さん佐久間さんとで探しに行った。そしたら、ずっちゃんが来ていなかった。3人一緒でないと受付は出来ないらしく、もう受付終了時間間近でヤキモキした。そしたら、ずっちゃんが余裕で歩いて来た。ずっちゃんの辞書には焦ると言う言葉が無いと思った瞬間だった。何とか受付を済まし、みどりちゃん達輝きのお嬢様方が一緒に光を送りながら、歌ってくれると言うメールを空手シスターズと山本恭子さんに転送した。何て心強い事であろうか、感動と感激の気持ちで一杯に成った。
 そして本番、僕は聖士會館では一番目だった。待ち時間の椅子では緊張のあまり手が汗ばんだ。其処で赤川さんにアドバイス戴いたように霊流を引いたら、気持ち良くなった。周りの順番を待つ人達は拍手をして居たが、僕はひたすらじっとして居た。後から佐久間さんに上がってそうで見ていられなかったと言われた。歌が始まったら夢中で殆ど覚えて無いが、正に輝きのステージとはこの事だと思った。
 次の空手シスターズ、練習の成果を十分に発揮されていたと思う。薄ピンク色の衣装が舞台に映えてきらきらして居る様に見えた。
 そして勇気100%の恭子さん、元気溢れて歌をもっともっと聞きたくなった。何て溌剌として活き活きとしているんだろう!
 結果は残念な事に誰も予選通過は出来なかったが、心に残る感動と感激で一杯だった。一条先生始めみどりちゃん達輝きのお嬢様方、応援してくれた聖士會館のみんなに心から感謝したい。終わってから、佐久間さんの家に半分無理矢理にお邪魔して打ち上げ会。恭子さんは来られなかったが、予選のメンバーは結局、もう一回佐久間さんの奥さんに歌をお披露目した。

  1. 2006/04/15(土) 12:40:28|
  2. 武道空手|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

NHKのど自慢予選前日

 2006年4月14日(金)
 空手の稽古では一通りのメニューを遣ってから自由組み手が早めにあった。明日がNHKののど自慢だろうと何だろうと自由組み手はある。館長は反対に緊張をほぐすために普段通りで自由組み手を行ったのかも知れない。
 空手シスターズはピンク色の舞台着に着替えて明日のNHKのど自慢の練習に移った。段々と足取りも揃って来て本番直前という感じで緊張感が高まる。僕は早めに上がったけど、空手シスターズの練習は朝方まで続いたと言う。
  1. 2006/04/14(金) 12:31:06|
  2. 武道空手|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

煙草と霊流

 2006年4月13日(木)
 毎朝、4時半起きなので一日が長い。館長は仕事を遣る時、寝ないでも本部に来られるし、みどりちゃんはもう何年も寝ていない。一体どんな感覚なのだろうと想像して仕舞う。
 会社で休憩中に余りにも眠くて目を閉じながら、煙草を吸う時に一緒に霊流を引いて見た。そして吐きの呼吸で霊流を全身に行き渡るように呼吸すると深い呼吸になって行く。一瞬にして寝て仕舞い、煙草を落とした。周りから見た人は寝呆けて居ると思われて居るかも知れ無い。
 休憩が終わり、立ってみると体が軽く眠気も少し飛んですっきりとなった。吐き吸いの呼吸と言うのは大事だと思った。
  1. 2006/04/13(木) 01:53:43|
  2. 会社|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

垂れ幕

 2006年4月12日(水)
 今日の講座ではバラコンバンドを使って、愁訴部分に巻き関節を挟んで反対側にきつく巻く事に因り、愁訴の部位が楽な方向に回って行くのでそれで愁訴が摂れて来ると言う治療法を勉強した。其れから3軸修正法により緩まし、押し上げ押し下げをして仙腸関節を入れた。末端をバラコンバンドで巻く事により、肩や首、仙腸関節などの正柱線をも正して行くから面白いと思った。
 麒麟会には神霊治療を受けに来ていた伯彦君も参加して楽しい麒麟会と成った。後からすーちゃんがNHKのど自慢の為に畳2枚分もあろうかと言う垂れ幕を習字で書いて来てくれた。誰が考えたのかホットな文句に曲名が書いてあった。すーちゃんには何時も行事毎に書いてもらって有難い。
 其れから、又NHKのど自慢の練習、山本恭子さんも来ていたので一緒に館長から御助言戴いた。それにしても僕の歌う演歌は難しく、色々あったが、最後には心が籠もってないと言われた。歌手と言うのは、あの短い間に感情を込めて歌うから聞き手側に伝わるのだと思った。心を伝える事、神霊学研究会の講座のようで大変為になった。そんな心を込めて歌うと言う事を目標にしたい。
 
  1. 2006/04/12(水) 01:33:40|
  2. 講座|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

練習熱心

 2006年4月11日(火)
 長い雨が続く、これで桜も殆どが散って仕舞うと思うと残念だ。
  波動転写装置を使い、入力に願望成就の用紙、出力に写真を持って行けば常に遠隔操作されている状態になるなんて凄い。
 自分の身に付けて居る物も出力に置けば、同じ事で此も凄い。自分達の思いも含まれると言うのも本当に有り難い事である。
 夜には稽古最中から大雨が降り出し、終盤は雷も鳴っていた。
 館長からお時間を戴き、NHKのど自慢の練習をさせて貰う事に成った。
 僕は、ある程度歌ってひらがなの歌詞を書いて、前に御指導されたように山と谷、メリハリを書き込んで行った。
 稽古を終え、空手シスターズが未だ練習していたので、小一時間道場に北向きで寝た。此処も本部同様、気持ち良く寝られる場所だ。
  1. 2006/04/11(火) 13:26:46|
  2. 武道空手|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

眠気

 2006年4月10日(月)
 朝は毎日のように消防の訓練、寝過ごして仕舞い30分遅れた。朝が一度遅れるとその儘、何でもかんでも遅れがちに成って仕舞う。会社でも終始眠くて現場に行って体を動かして誤魔化した。
 家に帰っても眠くて夕飯を食べて、直ぐに爆睡。起きたら体が痛かったが、浮腫んでいた足は復活して居た。腎臓機能が回復してきたと思われる。
  1. 2006/04/10(月) 12:36:18|
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

買い物

 2006年4月9日(日)
 空手の稽古を終えてから、総本部のプリンさんと一楽飯店でラーメンを御馳走になり、HDD内蔵のDVDレコーダーを購入する為に家電量販店に見に行った。色々と機種があってどれを買うか迷って仕舞うが、店員を呼んで、ああでもないこうでも無いと値切り交渉、何だか楽しい買い物になった。
 夕方から、研究会があったが、昨日の波動転写装置がパワーアップしているのに驚いた。一日で変わるのは裏でプログラムが動いて居るからであり、この様な事は館長しか出来ないと思う。麒麟会が始まる頃には調子が良く成ってきた。
 夜が更けるのが早くて体が超陰性で眠くなった。館長を囲んで神霊学講座のようなお話は続いた。
 
  1. 2006/04/09(日) 07:37:15|
  2. 講座|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

歌の稽古

 2006年4月8日(土)
 昼間に本部に御邪魔するとチャッチャッチャラチャー♪とアップテンポの音楽が聞こえて来た。入るのを止めようと思ったが、用事もあったので入って行ったら、NHKのど自慢用に空手シスターズが踊りながら練習していた。あまり目を合わせ難かったが、取り敢えず練習を見ていた。なんだか其れを見ていたら僕も予選に出るんだなとやっとその気に成ってきた。
 夜は光講座で一条先生から土地の御祓いの仕組みと気の回し方について、もう一度御講義して戴いた。丁度、私の妹が新築の家を購入するらしく一条先生に図面を見て貰った。図面にIHのマークがあり、オール電化にしよう思っていたらしいが、迷わずオール電化では無い設備だと電話で教えて上げた。中々凝り固まった考えを治すのは難しく、中々真実に気付かす事が出来ないなと思った。電磁波が人体に及ぼす影響を考えるとオール電化は電子レンジの中に住んでいるような物だと気付くべきだ。
 その後の麒麟会、NHKのど自慢の練習で一条先生から先週小島相談役と同じ事をアドバイスされた。後からみどりちゃん一条先生の胸に来て、歌のレッスンは本格的になった。NHKのど自慢に出る前に本部の鐘が鳴るのも難しいかも知れ無い。
  1. 2006/04/08(土) 17:37:23|
  2. 講座|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

京都出張

 2006年4月7日(金)
 今日は急に京都出張に成って仕舞った。車で職人肌のおっちゃんと機械の検収を上げに行った。京都も桜が満開で至る所の桜が心を和ませてくれる。
 仕事は順調に行き、豊橋に戻り、空手の稽古に参加させて貰いたくて少し急いだ。其れが逆に仇となり、自分は此で良いだろうと判断した内容が先方の発注業者は気に入らず、此では検収を上げても製品としてならないのでとごねだした。何時もなら、この儘行く筈が先方に業者の部長に急いでいるのを見抜かれたのだろうか?兎に角はこっちとしても品質の出ない物は納品したくないと言う結論になってやり直しになった。結局、こだま京都最終の豊橋行きには間に合わなかった。
 のぞみに乗り名鉄を乗り継いで、稽古の終わり前に顔を出した。厳しい稽古をされたようでみんな満身創痍だった。
 
  1. 2006/04/07(金) 07:41:41|
  2. 武道空手|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

桜満開

 2006年4月6日(木)
 最近は4時半に起きて、消防の訓練に行っている。今年で辞めさせて貰いたかったのだが、どうしても言われて未だ続けて居る。この訓練だけは、朝なので頑張る事にした。朝起きるのが辛いが、ただ一つは、桜が満開で研究発表会で習った身体の浄血の桜の花びらを見る事が出来るので嬉しい。確かに桜は心を和ませる。
  1. 2006/04/06(木) 07:41:41|
  2. 一口メモ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

竜宮城を想像させる栄螺

 2006年4月5日(水)
 仕事で目標の機械トラブルが一気に無くなった。そのトラブルの為に色々と手を尽くし、何十個も一つ一つ消去法をして明るみに出た。
 何かが起こる原因と言うのは治療に於いても一つではない。総合的に一つ一つ細かく見立てる事が出来なければ成らないと仕事を通して思った。一寸した事でも気づかずに通り過ぎて行く事が多い中で、一見では分からない事を一つ一つ追求出来たと言う意味で勉強になった。
 昨日の余韻が覚めぬ儘の神霊学研究会、館長から教わる今日の技術も特級だった。矢張りそれでも数をこなさないと駄目であり、空手道と一緒で稽古が必要だと反省した。
 本部のテーブルをふと見ると何気なく置かれていた栄螺らしき貝殻があった。実は此れはみどりちゃんが転送して来た物だと言う。「転送って?」と思ったけど、最初は館長が忙しい中、東京に出張に行ったのかなと思った。
 何とそれはみどりちゃんが日記に書いてある竜宮城を想像させる海の音のする貝殻だった。貝殻は時空を超えて来た物だった。
 日記を書いていて嘘っぱちだと言われるかも知れないが、この際、館長が高速道路を走っていて違う場所に時空を超えて移動をしたりするのを隣に座っていた人の話を聞いた事を考えると何でもありだ。
 太郎さんのご家族が後からお見えになり、無事に告別式も終わり、伯母さんが光となり上に上がって行ったと報告をされた。その中でも亡くなった伯母さんからの面白いメッセージと家族全員にみどりちゃんからメールが同時に届いたりと吃驚する出来事の連続だった。
 聖士會館に居ると奇跡のような話が毎日のように起こるから面白いし、楽しい。矢張り、世の中は見えない物が主体で動いていると感じる。
 麒麟会後、宮下さんのホームページ作成の手伝い、朝に成って仕舞った。
  1. 2006/04/05(水) 12:52:22|
  2. 講座|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

口利き

 2006年4月4日(火)
 一志さん、お誕生日おめでとう御座います!
 ずっと現場に入りっぱなしでばたばたとした一日だった。
 空手の稽古には何とか20時位に行く事が出来たが、遅れて入るとみんなの遣っている事に追いつくのに大変だ。壁登りで左足の踏み込みで何とか4歩目の出来るように成ってきた。右足の踏み込みは鈍い…
 稽古を早めに切り上げて太郎さんの伯母さんが亡くなったので、みんなで浄霊を行いに行った。
 その伯母さんは棺の中で本当に亡くなったのかと思える程、色艶も良く、とても90歳近いとは思えない程若々しかった。
 太郎さんのご家族と本部の方々、そして稽古生で館長からの口利きについて聞いた。家族でも言われてそうだった言うような真実が次々と告げられた。又、死ぬ間際に人間がどうやって死んで行くのかを本人が自覚しながら逝って仕舞うと言うのには驚いた。その伯母さんの場合は、最初は視力がなくなり、脳が棚落ちし、自分の体も腐敗して行くのが分かったと仰って居た。霊界に自由に出入り出来る館長は、朝飯前でそんな事は出来て仕舞うのだろうが、感動せずには居られなかった。大久保君とぴーちゃんは学生の時から見えないような世界に触れられて居ると言うのは、本当に幸せな事だと思う。
 館長みどりちゃんは遠隔操作をし続けたが、結局、乳製品に因って体と頭を破壊され、死んで仕舞った。でも、みどりちゃん太郎さんのお父さんの利次さんが霊界へ導いてくれる指導霊に成るようで、常に一緒に居る事が出来、その伯母さんは幸せだと思う。
 その後は館長から武道空手の体術と想念術のお話があり、胸が躍った。その場所は葬儀場と思えぬ程、明るく温かい気持ちの良い空間だった。霊格の高い霊人が何人もいるとその場は、明るい空間になる。
 
  1. 2006/04/04(火) 12:30:08|
  2. 武道空手|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

【磁器工房】

 2006年4月3日(月)
 会社では年度始めで全体会議があった。新しく社長に就任された事業部長のお話しとプレゼンテーションがあった。社長と社員の気持ちが離れて居ると幾ら言っても上の空という感じで大丈夫かと思って仕舞う。
 残業して帰って宮下さんがHPを立ち上げる為に我があばら屋を訪れた。aamailの設定とホームページを上げようと思う。名前は【磁器工房】写真のセンスの良いホームページが立ち上がるのが楽しみ♪
  1. 2006/04/03(月) 23:10:23|
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

第37回聖士會館研究発表会

 2006年4月2日(日)
 第37回聖士會館研究発表会開催おめでとうございます!
 部屋を片付けて居たら、3時に成ったが、その後久し振りにゆっくり寝た気がする。
 起きてガサと一緒に研究発表会に向かった。今回は発表者の方も多く、講義を聴く方々も多く会場は満員状態だった。
 雨が降って居り、折角咲いた桜も散って仕舞いそうで寂しいが、霊界の一番上に咲く花が研究発表会のが開催される日に満開になるなんて嬉しい物だ。
 僕も今回は発表させて戴いたが、発表している最中は何を言っているか分からなくなった。発表者の方の研究内容は何れも目を見張る物ばかりで世間一般では考えられないような奇跡のような発表が続く。聖士會館研究発表会は回を数え、歴史が物語るように研究内容は群を抜いていると思う。世の中の人達が真実に目を向け、真実に気付いて貰えるように訴えている。本当に素晴らしい事だと思う。
 研究会が終わって丸中食堂で打ち上げがあった。岐阜の小島相談役に今度NHKのど自慢の為、歌の稽古を付けて貰った。最初の2小節が勝負だと言って勉強に成った。楽しい夜は深夜まで続いた。
 
  1. 2006/04/02(日) 22:46:04|
  2. 講座|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

プリンタと格闘

 2006年4月1日(土)
 今日から4月、仕事をして居る人や学校の人は年度始めで忙しい季節。
 午前中はバイトをし、午後から本部に伺った。本部で少し休憩を取ろうと思って居たらガス屋さんから電話があり、ガスの点検か何だか分からないが、器具の交換があるのを忘れて居た。器具のリースは良いが、選択肢も一つしか無いのに取り敢えずは一度「変えますか?」尋ねてくれる。行政の条例とかで何ヶ月後に使えなくなると言うのだから、必然的に取り替えるしかなくなる。結局、彼方の言うが儘に出来ている。
 プリンタの調子が悪いのでインクが無いと思い、インクを代えたが全く動く様子がない。其れから暫くプリンタと格闘、気付いたら夜だった。買って一年も経ってないのに…保証書を捜したが見つける事が出来ず、結局諦めた。お金が掛かる修理に出すしかない。
  1. 2006/04/01(土) 22:36:02|
  2. 武道空手|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
合計
無料カウンター
本日

昨日

画像掲示板メル友大阪 風俗出会い系サイト無料 出会い出会い系サイト同人 ダウンロード

お得なポイント貯まる!ECナビ


フルーツメール
無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱

三吉

  • 作者:三吉
  •  聖士會館を知ってから、気付きや気遣いについて学ぶ事が出来、考え方が少しずつ変化しています。

     自分にとって聖士會館がただ単に空手道を学ぶと言う所と言うだけではなく、大きく人生を好転させる切っ掛けを与えて貰 った所でもあります。

     夢を持ち、真実の武道、真実の医術を伝えたい!聖士會館空手道、医術をを生涯の学舎として人生の記録を残していきたいです。

    聖士會館の言葉をお借りして

     『肉体は大宇宙と調和し一体となり、魂は超神霊を追い求めて』を人生の最大の目標として大宇宙の仕組みや秩序を理解し、無限なる心の容量を増やして行きたい...

  • RSS
03 | 2006/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。