三吉の聖士會館日記『聖士會館を通して学んだ出来事、日々の出来事』
FC2ブログ

 聖士會館の医術、武道を学舎とし真実を追求したい。夢を持ち、自分の成長と人生の記録としてこの日記を書いて行きたい。
 『肉体は大宇宙と調和し一体となり、魂は超神霊を追い求めて』が人生の最大の目標として...

2,004年10月以降は此処から

食生活が決め手

 2,004年8月24日(火)
 今日には打撲の腫れがだいぶ引いてきた。ご飯を食べずに会社で過ごし、空手道の稽古の前に玄米御握りを食べたせいか調子が良い。やはり、回復力を早めるには食生活が決め手だと思った。道場に行って由美さんに合宿でのもえちゃんとの遣り取りの事を言われ、自分は恥ずかしいが可笑しいらしくネタになってしまった。そのような合宿の余韻をまだ残して居て気が引き締まり合宿で色々と気付く事が多くて勉強になった事を思い出す。
 基本稽古が合宿の時より今日は調子が良く、体も切れているような気がする。自分は未だ軽かったが、激しい疲労や打撲をものともせず稽古を続ける聖士會館の稽古生は凄いと思う。
 館長には合宿が終わった後に丸中食堂で思わず薬を飲んだのがばれており、ふくらはぎが腫れ上がった原因はその為だと流石にばればれだった。誰にも言わず、黙っていたのに見抜かれてしまった…此からは昇級試験の前の日と後の日は飲酒厳禁だと心に言い聞かせた。
 今日の館長の御指導では、合宿の組み手についてだった。無力化すると言う事を組み手になると忘れてしまうと言う事であった。折角遣っている同側同調を含めた捌きを忘れ、後ずさりする儘に技を受けていた。無力化するポイントをずらされると相手は転ばない方向に耐えようとする。そうすると其処に更に無力化している反対の力が働いているのという御指導を戴いた。其の反対の力を利用すれば相手は力を加えずにして、メビウスの小さい輪を描けば相手は倒れる傾向にある。その仕組みと捌き、崩しの練習に終始励んだ。組み手の感触が残って居て何となくイメージは膨らんだ。他にも下突きや鍵突き(振り突き)の聖士會館空手流の進化のポイントの一つを教わり、肋骨への打撃は重力がかかる上から下よりも下から突く方が有効だと言う事を御指導戴いた。実際に遣ってみて館長のその様な具体的な感覚というのは凄いし間違いがない。
スポンサーサイト



  1. 2004/08/24(火) 07:02:11|
  2. 武道空手|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
合計
無料カウンター
本日

昨日

画像掲示板メル友大阪 風俗出会い系サイト無料 出会い出会い系サイト同人 ダウンロード

お得なポイント貯まる!ECナビ


フルーツメール
無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱

三吉

  • 作者:三吉
  •  聖士會館を知ってから、気付きや気遣いについて学ぶ事が出来、考え方が少しずつ変化しています。

     自分にとって聖士會館がただ単に空手道を学ぶと言う所と言うだけではなく、大きく人生を好転させる切っ掛けを与えて貰 った所でもあります。

     夢を持ち、真実の武道、真実の医術を伝えたい!聖士會館空手道、医術をを生涯の学舎として人生の記録を残していきたいです。

    聖士會館の言葉をお借りして

     『肉体は大宇宙と調和し一体となり、魂は超神霊を追い求めて』を人生の最大の目標として大宇宙の仕組みや秩序を理解し、無限なる心の容量を増やして行きたい...

  • RSS
07 | 2004/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search